パーソナルトレーニング・プライベートジム ティーバランス未分類店
営業時間7:00-23:00
TOP 投稿 一日一食ダイエットで効果が出るまでの期間は?【失敗する行動や継続のコツ】

一日一食ダイエットで効果が出るまでの期間は?【失敗する行動や継続のコツ】

2020/12/15

    一日一食ダイエットは効果が出るまでどのくらいかかるの…?

    と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか?

    結論から言うと、一日一食ダイエットで効果が出るまでの期間は個人差がありますが、一般的に約2週間ほどで痩せ始めると言われています。

    とはいえ何も考えずに取り組めば、ストレスで挫折したり逆に太りやすくなったりして、なかなか効果を得られません。

    そこでこの記事では、

    • 一日一食ダイエットで2週間で効果が出る理由
    • 一日一食ダイエットのデメリット
    • 一日一食ダイエットのコツ・NG行動

    などを紹介していきます。一日一食ダイエットに取り組みたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

    一日一食ダイエットで効果が出るまでの期間が短い理由

    一日一食ダイエットの効果が出るまでの期間は、個人差はありますが約2週間程度だと言われています。期間が短い理由は単純で、1日のカロリー摂取量が大幅にダウンするからです。

    一日一食ダイエット中は基本的に何を食べてもいいですが、やはり一食で摂取できる量には限界があります。三食摂取時とのカロリー差は自然と大きくなるでしょう。

    人の体重はトータルカロリーによって変動するので、食べる量が減れば、その分痩せていくのです。

    過度な食事制限を行う分辛いことも多いですが、即効性が高いので、どうしても短期間で痩せたい方にはぴったりなダイエット法かもしれません。

    効果が出るまで続けると不健康?一日一食のデメリット

    一日一食ダイエットは効果が出るまでの期間が短いですが、以下のようなデメリットがあります。

    1. 我慢が必要
    2. 便秘になる
    3. 周りから心配される
    4. リバウンドしやすい

    順番に解説していくので、取り組む前に理解を深めておきましょう。

    ▼さらにデメリットを詳しく解説▼

    https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/oneday-oneeat-demerit/

    【ヤバい】一日一食ダイエットの5つのデメリット【リバウンドしやすく不健康?】

    デメリット1:我慢が必要

    一日一食ダイエットは、空腹に対する我慢が必要不可欠です。

    例えば、これまでの三食スケジュールが、

    • 朝食:8時
    • 昼食:12時
    • 夕食:7時

    だったとすれば、次の食事を摂るまでの時間は大体4〜6時間ほど。その間に間食をする方もいるでしょう。

    しかし一日一食ダイエットでは、丸一日食事を我慢しなければなりません。

    我慢すれば当然ストレスも溜まってイライラしやすくなったり、健康面にも影響を及ぼしたりする可能性が考えられます。ダイエットをして不健康になれば、本末転倒ですよね。

    一日一食ダイエットを乗り切るためには、まずは軽い食事制限から取り組んでみるなど、負担を軽減できるよう工夫していきましょう。

    デメリット2:便秘になる

    人間は食事量を減らしすぎると、便秘を引き起こします。

    なぜなら、これまで普通に摂取していた炭水化物や野菜には、水分・食物繊維が多く含まれているから。水分や食物繊維は、便を作り、排出するために欠かせません。

    つまり一日一食ダイエットで食事量が減れば、同時に水分や食物繊維の摂取量も減少し、便秘を引き起こす可能性が高まってしまうのです。

    一日一食ダイエットに取り組むのであれば、炭水化物はカットしすぎず、野菜は多めに摂取して、便秘対策を心がけましょう。

    デメリット3:周りから心配される

    一般的に食事は一日三食摂る方が多いので、一日一食にすれば周囲から心配される可能性があります。

    というのも、一日一食生活は不健康なイメージが強いからですね…。

    周囲が気にかけてくれるのはとてもありがたいですが、自分がダイエットを頑張っているときに心配をされると、逆にストレスが溜まりかねません。

    とはいえこれといった対策法はないため、一日一食ダイエットに取り組むのであれば、「周りから心配される」ということをしっかり認識しておきましょう。

    デメリット4:リバウンドしやすい

    一日一食ダイエット終了後に元の食生活に戻せば、即リバウンドする可能性があります。

    なぜなら食事制限による減量後は、身体が栄養を取り込みやすくなっているから。これまでの制限を急に解除すれば、食べ物を必要以上に脂肪として蓄える働きが起こるのです。

    そもそもですが、人間の体重はトータルカロリーによって変動するので、摂取量が増えれば当然太ってしまうでしょう。

    一日一食ダイエット後に大きなリバウンドを防ぐなら、終了後の食生活にも注意が必要です。

    一日一食ダイエットの効果が出るまで取り組むコツ

    では、一日一食ダイエットのコツを4つ紹介します。

    1. 食事のタイミングは夜
    2. 適度な運動を行う
    3. 間食するなら低糖質の食べ物
    4. ラードを使う

    効果が出るまで継続するために、チェックしてみてください。

    コツ1:食事のタイミングは夜

    一日一食ダイエット中に食事をするタイミングは、夜がベストです。

    なぜな、一日一回の食事で、ある程度のカロリーや栄養を摂取する必要があるから。そのためには、ゆっくりと食事をする時間が必要でしょう。

    朝昼は準備や仕事などで忙しいので、なかなか満足に時間が取れず、必要なカロリーをしっかり補えません。

    また、朝に大量の食事をすれば、

    • 老廃物が出せず便秘になる
    • 体内時計が狂う

    といったデメリットもあります。その点夜は栄養の吸収が早く、ゆっくりとした時間を確保できるので、一日一食ダイエットをするタイミングとしては最適でしょう。

    ▼一日一食ダイエットを夜やるメリットをさらに解説▼

    https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/one-meal-night/

    【必見】一日一食ダイエットは夜が最も効果的!メリット4つと注意点を解説

    コツ2:適度な運動を行う

    ダイエットの効果をより高めるのであれば、運動が必須です。

    運動をすれば消費カロリーが増え、その分脂肪も燃焼しやすくなるでしょう。

    特にウォーキングなどの有酸素運動は脂肪燃焼にとても効果的。また、腹筋やスクワットなどの筋トレは引き締め効果や筋肉を維持する効果があるので、ぜひ取り組んでみてください。

    ただし、一日一食はどうしても栄養が不足しがちです。満足に栄養が摂れていない状態で過度な運動を行えば、疲労感が溜まりやすくなり、健康に悪影響を及ぼしかねません。

    適度な運動でも効果はあるので、通勤時に歩いてみたり、一日10回ずつ腹筋をしてみたりなど、できる範囲で取り組んでいきましょう。

    ▼一日一食ダイエット中に筋トレするメリットを紹介▼

    https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/one-meal-training/

    一日一食ダイエット中の筋トレは無意味?やるべき理由や効果を高めるコツを解説

    コツ3:間食するなら低糖質の食べ物

    一日一食ダイエット中に間食をしたくなったら、スナック菓子ではなく、低糖質な食べ物を選びましょう。

    一日一食ダイエットは空腹が辛いですが、我慢し過ぎるとストレスが溜まります。とはいえ間食で糖質過多になってしまえば、痩せるどころか太ってしまいますよね…。

    なのでどうしても空腹に我慢できなくなったときは、決して無理をせず、以下のような食べ物を摂取してみましょう。

    【低糖質な食べ物】

    • 大豆製品
    • 乳製品(無糖のみ)
    • 野菜(葉菜類)
    • 海藻
    • きのこ
    • こんにゃく
    • ナッツ

    また、甘いものが食べたくなったらプロテインを飲むのもおすすめです。

    コツ4:ラードを使う

    空腹に耐える必要のある一日一食ダイエット中は、腹持ちが良く、食べ過ぎを防げる「ラード」を料理に使いましょう。

    【ラードとは?】
    動物性の脂。高カロリーだが、他の脂に比べ腹持ちがいい特徴がある。

    ラードを摂取すれば、ダイエット中の間食や、空腹の反動による暴食を防げるので、一日一食生活を無理なく乗り越えられるかもしれません。

    また、ラードのような動物性脂質は、便と一緒に体外へ排出されやすいという特徴があり、便秘になりがちな一日一食ダイエットには最適な食材です。

    ラードはサラダ油の代用として使えるので、炒め物や揚げ物など、普段の料理に幅広く活用してみてください。

    ただし、ラードは大さじ1杯で113Kcalもあります。摂りすぎには注意しましょう。

    一日一食ダイエットで効果が出るまでのNG行動

    では最後に、一日一食ダイエットで効果が出るまでにやってはいけないNG行動を3つ紹介していきます。

    1. 好きなものを食べ続ける
    2. 摂取カロリーをカットしすぎる
    3. 便秘対策をしない

    ダイエットを成功させるために、しっかりチェックしておきましょう。

    NG行動1:好きなものを食べ続ける

    一日一食ダイエットは好きなものを食べてもOKですが、何も考えずに食べ続ければオーバーカロリーになり、当然太ってしまいます。

    人間が一日に摂取しているカロリーの平均は、女性で1400〜2000Kcal、男性で2200〜2400Kcal程度です。

    一日一食ダイエットは摂取カロリーが減るからこそ効果を得られるので、あくまでもオーバーカロリーには気をつけなければなりません。

    たくさん食べたいのであれば、ある程度のカロリー計算をし、食べ過ぎないように注意しておきましょう。

    NG行動2:摂取カロリーをカットしすぎる

    一日一食ダイエットではオーバーカロリーに気をつけなければなりませんが、かといって摂取カロリーをカットしすぎるのはNGです。

    なぜならカロリー不足になれば、身体が生命の危機を感じ、省エネモードになるから。消費エネルギー量を節約する働きが起き、体重の減少にブレーキをかけてしまうのです。

    より効果を出そうとカロリーをカットしたくなる気持ちもわかりますが、体重が落ちなくなればダイエットの意味がありません。

    一日一食しか食べない時点で十分にカロリーはカットされているはずなので、しっかり食べてダイエットを成功させましょう。

    NG行動3:便秘対策をしない

    一日一食ダイエット中は便秘になりがちなので、しっかり対策をしなければ痩せにくくなり、挫折しかねません。

    なのでスムーズな減量を促し、ダイエットを成功させるためには、必ず便秘対策を行ってください。

    具体的には、

    • 炭水化物はカットしすぎない
    • 野菜は多めに食べる
    • こまめな水分補給をする

    といった点を心がけ、水分と食物繊維を積極的に摂取していきましょう。

    まとめ:一日一食ダイエットは効果が出るまで継続してみよう!

    一日一食ダイエットで効果が出るまでの期間は個人差があるものの、ほとんどの方が2週間以内で痩せ始めます。

    しかし、比較的短期間で効果を得やすい反面、

    • かなりの我慢が必要
    • 便秘になりやすい
    • 周りから心配される
    • リバウンドしやすい

    などのデメリットがあるので、理解したうえで取り組むようにしましょう。

    なお、一日一食生活中はオーバーカロリーだけでなく、極端なカロリー制限にも注意が必要です。カロリーを減らし過ぎると太りやすくなってしまい、ダイエットに逆効果ですからね…。

    正しい知識を身に付けたうえでコツを掴み、ダイエットを成功させてみてください!

    Recommended

    New