TOP ブログ さけるチーズはダイエットの味方!賢く食べて痩せよう【5つの注意点も分かりやすく解説】

さけるチーズはダイエットの味方!賢く食べて痩せよう【5つの注意点も分かりやすく解説】

2022/04/27
  • ダイエット・ボディメイク

ダイエット中なのに、どうしても間食がやめられない
さけるチーズダイエットって、チーズだけを食べるの?
今日から手軽に始めらるダイエット方法が知りたい。

と気になっていませんか。

ダイエット中っておやつを我慢しなくては、と思えば思うほど食べたい気持ちが抑えられなくなりますよね。

実は、減量中でも間食を我慢する必要はありません我慢をするのはストレスになり、痩せにくい体を作ります。間食ができなくてつらい人は、さけるチーズをおやつとして食べましょう。

「カロリーが高いからチーズはダメじゃない?」と思う人もいますよね。もちろん食べ過ぎはNGです。しかし、低糖質でタンパク質も含まれているのでおやつとして最適です。さらに、さきながら食べるので時間がかかり、満足感を得やすいというメリットも。

この記事では、さけるチーズダイエットが気になっている人に向けて

  • さけるチーズダイエットのやり方
  • メリット
  • 痩せない理由
  • 注意点

などを詳しく紹介しています。ストレスが少なく、一生続けても良いと思えるダイエットをするためにもさけるチーズを賢く活用しましょう。

理想の体型に近づくなら、マッスルデリがおすすめ。レンジでチンするだけで、高タンパクで栄養バランスの取れた食事が簡単に食べられます。

なりたい体型別の4つのプランがあるので、誰でもお手軽に理想のボディが手に入ります!



 

さけるチーズダイエットのやり方をサクッと解説

まず初めに、さけるチーズダイエットはさけるチーズだけを食べる方法ではありません。さけるチーズだけを摂っていたら、食べる量によっては痩せます。しかし、栄養不足になって体調を崩すので絶対にやめましょう。

さけるチーズダイエットのやり方は簡単で、普段食べているおやつの代わりにさけるチーズを食べます

食べるタイミングは、15時または小腹が空いたときです。15時は、1日の中で最も食べたものが脂肪に変わりにくい時間と言われています。

ポイントは一気に丸かじりをせずに、細かくさきながら食べることです。そうすることによって、ゆっくりと食べられ満足感を得られます。

ちなみに、おすすめのフレーバーはとうがらし味です。カプサイシンが含まれているので、脂肪分解を促してくれるからです。ただ、促してくれるだけなので、食べれば痩せると言うわけではありません。しっかりと筋トレや有酸素運動を取り入れましょう。

さけるチーズダイエット5つのメリット

こちらでは、さけるチーズダイエットをするメリットを5つ紹介します。

メリット

  1. 低糖質
  2. 味のバラエティに富んでいる
  3. タンパク質を摂れる
  4. カルシウムがとれる
  5. さきながら食べるから時間をかけて食べられる

それぞれ順番に確認しましょう。

1.低糖質

さけるチーズの糖質量は、1g以下と低いです。糖質は、タンパク質や脂質に比べてて摂取したときに、血糖値が急激に上昇します。

血糖値が急に上がると、それを抑えるためにインスリンが多く分泌されます。インスリンには、血液中にある糖を脂肪細胞に取り込むように促す働きがあります。

つまり、多く分泌されるということは、体脂肪がより蓄積されるということ。

一方で、血糖値を緩やかに上昇させられれば、インスリンの分泌を抑えられ体脂肪を蓄積しにくくできます

つまり、さけるチーズは低糖質なのでダイエットに最適な食べ物と言えます。

糖質制限については「【必見】糖質制限で成功する秘訣と10のコツ【ケトン体が鍵を握る!?】」をご覧ください。

【必見】糖質制限で成功する秘訣と10のコツ【ケトン体が鍵を握る!?】

2.味のバラエティに富んでいる

さけるチーズは味の種類が豊富です。現在発売されている種類は、

  • プレーン
  • スモーク
  • とうがらし
  • ローストガーリック

の4種類。味変をすれば飽きがこないので、食べ続けることができます。現在は販売を休止していますが、醤油バター味やベーコン味もあります。

飽きずに食べ続けられるのは、嬉しいですね。

3.タンパク質を摂れる

さけるチーズは、タンパク質も摂れる間食です。6.8gと高いです。プロテインバーなどのパッケージを見ると分かりますが、摂れるタンパク質量は5〜20gです。

プロテインバーと比べても、さけるチーズのタンパク質量が多いことが分かります。

タンパク質は、筋肉を作る材料になる大切な栄養素です。どんなに筋トレを頑張っても、筋肉の材料がなければ筋肉量は増えません。また、ダイエット中はどうしても摂取カロリーが減るのでタンパク質の摂取を意識しなければ筋肉量が下がってしまいます。

間食をしながら、タンパク質を摂取できるのは嬉しいですね。

筋トレとタンパク質の関係については、「【筋肉量UP】筋トレとタンパク質の関係と3つの摂取タイミングや摂取量を徹底解説」をご覧ください。

【筋肉量UP】筋トレとタンパク質の関係と3つの摂取タイミングや摂取量を徹底解説

4.カルシウムがとれる

さけるチーズ1本あたり、143mgのカルシウムが摂取できます。日頃意識していないかもしれませんが、日本人はカルシウムの摂取量が不足がちです。

2020年版の日本人の食事摂取基準によると、1日のカルシウム推奨量は

  • 18~29歳男性:800㎎
  • 30~74歳男性:750㎎
  • 75歳以上の男性:700㎎
  • 18~74歳女性:650㎎
  • 75歳以上の女性:600㎎

とされています。しかし、推奨量に比べてカルシウムの摂取量は不足しているのが現状です。

カルシウム不足になると、骨や歯が弱くなったり骨粗しょう症になりやすくなったりします。

特に、ダイエット中はカロリー制限をすることでカルシウムの摂取量がさらに減りやすいです。汗や尿と一緒に排出されやすいので、筋トレや有酸素運動などの運動でも減ります。そのため、ダイエット中はより意識してカルシウムを摂取するようにしましょう。

さけるチーズを毎日食べれば、143mgは必ず摂れます。足りない分は、サプリメントや食事から摂取するようにしてください。

5.さきながら食べるから時間をかけて食べられる

さけるチーズは、細かくさくことができるので時間をかけて食べられますゆっくり時間をかけて食べると、満足感を得やすいだけでなく

  • 肥満防止
  • 糖尿病にかかるリスクを下げる
  • 血糖値の急上昇を抑える
  • 唾液の分泌を促す

など様々なメリットがあります。

日頃早食いの人は、細かくさいて時間をかけて食べるようにしましょう。

さけるチーズダイエットで痩せない2つの理由

さけるチーズダイエットをしているのに、全く痩せない理由は主に2つです。

  • 食べ過ぎ
  • 栄養が偏っている

1つでも当てはまっている人は、すぐに改善しましょう。

間食をさけるチーズに置き換えても、他で食べ過ぎていたら痩せることはありません減量するためには、摂取カロリーが消費カロリーを下回っていることが必須です。普段のおやつにさけるチーズをプラスしていたり、間食を置き換えているから他の食事量を多めにしたりしたら意味がありません。

また、栄養が偏っていたら栄養不足になり痩せにくくなります栄養が不足すると、基礎代謝が下がったり、栄養を少しでも体に蓄えようとカロリーを吸収しやすくなったりするからです。

さけるチーズダイエットの注意点5つ

こちらでは、さけるチーズダイエットの注意点を5つ紹介します。

注意点

  1. さけるチーズだけダイエットはしない
  2. アンダーカロリーになるようにする
  3. 栄養バランスのとれた食事をする
  4. 1日に食べるのは多くて2本まで
  5. プラスでおやつを食べない

それぞれ順番に確認しましょう。

1.さけるチーズだけダイエットはしない

さけるチーズだけダイエットはおすすめしません〇〇だけダイエットは、間違った食事制限です。1つの食材だけしか摂れないと、栄養バランスが偏るからです。

また、さけるチーズだけダイエットは、エネルギーが足りなくなるので脂肪と筋肉の両方を分解して不足分を補うようになります。短期間で、大きく体重を減らすことができますが、その分リバウンドも早いです。

栄養バランスが考えられていない方法でダイエットを行うと、綺麗に痩せることはできません。また、元の食生活に戻したらリバウンドします。

2.アンダーカロリーになるようにする

まず、脂肪を燃焼させるために必要なのがアンダーカロリーの食生活です。ダイエットを成功させる上で、食事管理は絶対に欠かせません。アンダーカロリーを簡単に説明すると、摂取カロリーが消費カロリーを下回っていることです。

アンダーカロリーになっていないと、どんなに運動やダイエットを頑張っていても痩せることは不可能。

しかし、摂取カロリーが少なくなりすぎるのもおすすめしません。ものすごい勢いで痩せてしまうと、体が飢餓状態になっていると思い、全力で以前の体重に戻ろうとするからです。

体重の5%以上を1ヶ月で落としてしまうと、痩せにくい体になるので注意。

現在60kgの場合は、60kg×5%=3kgなので、3kg以上1ヶ月で痩せるのはやめましょう。摂取カロリーを、消費カロリーの90パーセント程度にするのがおすすめです。

ダイエットの基礎知識アンダーカロリーについては「【攻略】アンダーカロリーで痩せる!ダイエット成功の3ステップと実践のポイント5選」を合わせてご覧ください。

【攻略】アンダーカロリーで痩せる!ダイエット成功の3ステップと実践のポイント5選

3.栄養バランスのとれた食事をする

カロリー制限と一緒に意識して欲しいのが、栄養バランスの摂れた食事ですたくさんの栄養を一気に意識するのは大変だと思うので、まずはPFCバランスを気にしてみてください。

PFCバランスを簡単に説明すると、食事による三大栄養素(タンパク質、脂質、糖質)の摂取カロリーがそれぞれ摂取カロリー量の何%に当たるかを示したものです。

どの栄養素も、摂り過ぎと摂らなさ過ぎは避けましょう。健康な体を維持するためにも必要なので、ぜひPFCバランスを取り入れてみてください。

理想のPFCバランスを教えてくれるサイトやアプリがあるので、ぜひ活用しましょう。

PFCバランスについて詳しく知りたい方は、「【健康的に痩せたい人必見】ダイエットのためのPFCバランスの出し方と3つのコツを徹底解説」を併せてご覧ください。

【健康的に痩せられる】ダイエットのためのPFCバランスの出し方と6つのコツを徹底解説

4.1日に食べるのは多くて2本まで

多くても、さけるチーズは食べる量は1日に2本までにしましょう。ダイエッターにとって多くのメリットがあるさけるチーズですが、食べ過ぎは減量の妨げになります。脂質やカロリーの摂り過ぎになるからです。

また、塩分も含まれているので食べすぎると、浮腫みやすくなってしまいます。

5.プラスでおやつを食べない

さけるチーズにプラスして、間食をしないようにしましょうそれでは、ただ摂取カロリーを増やしているだけです。最悪の場合は、太ってしまいます。

普段食べていた、チョコやポテチなどの代わりにさけるチーズを食べるようにしてください。全然体重が変わらないという人は、1週間食べているものを記録しましょう。

気づかずうちに間食をしていることが多いです。

引き締まった体を作りたいなら筋トレをする

たださけるチーズを食べるだけでは、引き締まった体は作れません食事制限だけのダイエットだと、脂肪とともに筋肉も燃焼してしまうからです。そのため、メリハリのある美ボディを作るために筋トレは必須です。

筋トレで筋肉量を維持またはアップさせるメリットは、

  • メリハリのある美ボディになる
  • 姿勢の改善
  • 基礎代謝のアップ

などです。基礎代謝が上がることによって消費カロリーがアップし、太りにくく痩せやすい体を作れます。

さらに、筋トレ後の約72時間はアフターバーン効果と言って、トレーニング中の約19倍のカロリーを消費してくれるように。

「痩せたね」と早く気づいてもらうためにも、筋トレを行い筋肉量を増やして引き締まった体を手に入れましょう。

【結論】さけるチーズはダイエットの味方になる

さけるチーズは、一見カロリーが高そうでダイエット中は避けるべき食材に見えます。しかし、低糖質でタンパク質を摂取できるだけでなく、満足感も得られるダイエットの味方になる食材です。

減量中、いつもより不足しがちなカルシウムも摂れます。15時やお腹がすいたときに、間食としてさけるチーズを食べましょう

さけるチーズだけダイエットだと、絶対にリバウンドをするので行わないでくださいね。

また、ダイエットを頑張っているのに全然結果が出なくて悩んでいる人は、宅食サービスを利用するのも1つの手段です。カロリー制限をしながら、栄養バランスの整った食事を摂れます。

食事をコントロールしたいけど自炊の時間が取れないなら宅食サービスが便利!

noshはすべての糖質量が1食あたり30g以下!70種類以上のメニューから選べて、レンジでチンして簡単に食べられるので忙しいときにもピッタリ!

マッスルデリはトレーニーにピッタリ!目指す体型に合わせて4つのプランで高タンパク低糖質な食事を摂取

GREEN SPOONは1食置き換えにもおすすめ!具材がゴロゴロ入ったスープで満腹感あり!

Recommended