TOP ブログ 【保存版】一日一食ダイエットのやり方完全ガイド【読まなきゃ損する成功への知識】

【保存版】一日一食ダイエットのやり方完全ガイド【読まなきゃ損する成功への知識】

2020/12/15
  • 未分類

一日一食ダイエットって何…?
効果や方法について詳しく知りたい…。

あなたもこのような疑問を抱えていませんか?

一日一食ダイエットとは、その名の通り、一日の食事を一食のみにする減量法です。

食事を制限するシンプルなダイエットですが、比較的即効性が高く、一日一食であれば好きなものを食べられるので、挑戦してみたいと考えている方は多いでしょう。

しかし、一日一食ダイエットには太ったり、リバウンドしたりしやすいデメリットもあり、正しい知識を身に付けずに取り組めば、失敗しかねません。

そこでこの記事では、

  • 一日一食ダイエットの効果や注意点
  • 一日一食ダイエットの正しいやり方
  • 一日一食ダイエットを成功させる3つのコツ

を紹介していきます。一日一食ダイエットで健康的に痩せたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

一日一食ダイエットで得られる効果やメリット

まず、一日一食ダイエットで得られる効果やメリットから紹介していきましょう。

  1. 短期間でダイエット効果を得やすい
  2. 食べ物が美味しくなる
  3. お酒が飲める

順番に解説していくので、チェックしてみてください。

1.短期間でダイエット効果を得やすい

一日一食ダイエットは、比較的短期間で効果を得やすい特徴があり、一般的に約2週間以内で痩せ始めると言われています。
※個人差があるのでご注意ください

理由は単純で、食事回数の減少に伴い、総カロリー摂取量が大幅にダウンするから。

一日一食ダイエット中の食事内容に制限はありませんが、一度に摂取できる量には限界があるので、自然とアンダーカロリーが叶うでしょう。

▼一日一食で効果が出るまでの期間を更に詳しく解説▼

https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/one-meal-period/

一日一食ダイエットで効果が出るまでの期間は?【失敗する行動や継続のコツ】

2.食べ物が美味しくなる

一日一食ダイエットには、食べ物が美味しく感じられる効果もあります。

なぜなら激しい空腹を我慢する分、一日三食を摂っていたときに比べて食事の時間が貴重になり、大きな満足感を得られるからです。

食べ物が美味しくなり、次の食事が楽しみになれば、一日一食ダイエット中の辛い空腹も乗り越えられるかもしれません。

3.お酒が飲める

一日一食生活は、お酒が飲めるダイエットです。

お酒が好きな方は我慢しなくて済みますし、ダイエット中であっても飲み会や食事会に気兼ねなく参加できるでしょう。仕事やプライベートの付き合いが多い方にも、最適ですよね。

ただし、一日一食ダイエット中の飲酒は、

  • アルコール吸収が早いため酔いやすい
  • 飲み過ぎると太ってしまう

といった点に注意が必要です。一日一食ダイエットはストレスが溜まりがちですが、適度に飲酒してリフレッシュすれば、無理のない継続につながるでしょう。

一日一食ダイエットのデメリットや注意点

次に、一日一食ダイエットのデメリットや注意点を紹介します。

  1. リバウンドしやすい
  2. 太る可能性がある
  3. 体調不良を引き起こす

本格的なダイエットを始める前に、理解を深めておきましょう。

1.リバウンドしやすい

一日一食ダイエットは、短期間で効果を得やすい反面、リバウンドしやすいデメリットがあります。

リバウンドしやすい理由としては、

  • 一生続けられるダイエットではない
  • 身体が必要以上に栄養を吸収しやすくなる
  • ストレスで暴飲暴食してしまう

などが挙げられるでしょう。一日一食生活に限らず、食事制限を伴うダイエットは、元の食生活に戻すとリバウンドしやすいので、終了後も栄養やカロリーの管理が必要不可欠です。

▼一日一食ダイエットにおけるリバウンドの対処法を解説▼

一日一食ダイエットでリバウンドする原因はストレス!?その対処法を徹底解説!

>>一日一食ダイエットでリバウンドする原因はストレス!?対処法を徹底解説!

2.太る可能性がある

一日一食ダイエットのやり方を間違ってしまったり、無理して続けたりすれば、開始前よりも太る可能性があります。

食事制限によるストレスが原因で暴飲暴食に走り、オーバーカロリーになる方は少なくありません。たとえ一日一回の食事でも、食べ過ぎてしまえば、痩せないどころか太って当然です。

一日一食ダイエットで太るのを防ぎたいなら、正しい方法を理解したうえで、無理せず自分のペースで取り組んでいきましょう。

▼一日一食ダイエットで太らないコツを解説▼

https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/one-meal-fat/

>>一日一食ダイエットは太る?!正しい方法と太らないコツ3つを紹介

3.体調不良を引き起こす

過度な食事制限を行う一日一食ダイエット中は、体調を崩しがちです。

具体的には、

  • 胃腸不良・便秘
  • 頭痛・目眩
  • 集中力の欠如

といった症状を引き起こす可能性があり、仕事や私生活に悪影響を及ぼしかねません。

また、一回あたりの食事量が増えるため胃腸に負担がかかりやすく、食事制限によるストレスも溜まりやすいので、自律神経が乱れてしまうリスクもあります。

心と身体の健康に支障をきたしてしまえば、ダイエットに挫折しかねません。一日一食ダイエット中は普段よりも健康面に配慮して、しっかりと体調管理を行っていきましょう。

4.痩せないこともある

一日一食生活はダイエット効果が高いと言われているものの、正しい知識を身に付けずに取り組めば、なかなか痩せません。

例えば、一食分の食事量が多過ぎると当然痩せませんが、少な過ぎた場合も体重は落ちなくなります。食事量を減らし過ぎて栄養不足になれば、脳が「生命の危機にある」と錯覚して摂取カロリーを必要以上に溜め込む働きを起こし、逆に太りやすくなってしまうんですね…。

食べなさ過ぎたことが原因で痩せないケースは意外にも多いので、いくらダイエット中でもカロリーは適正量摂取するように心がけてください。

なお、農林水産省により公表されている「活動量が少ない日に消費されるカロリーの平均」は以下の通りです。

  • 女性:1400~2000kcal
  • 男性:2000~2400kcal

上記の数値を参考に、食事量を調整しながら効率良くダイエットを行っていきましょう。

▼一日一食ダイエットで痩せないときの対処法を解説▼

https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/onemeal-cant-loseweight

>>一日一食ダイエットは痩せない?失敗する理由と成功させる5つのコツを紹介

一日一食ダイエットの正しい取り組み方

一日一食ダイエットのやり方は簡単で、それは「一日の食事を一食にするだけ」なのですが、以下2つのポイントを意識すればより効率良く進められます。

  • 食事のタイミングは夜がベスト
  • 空腹が辛いときは間食する

順番に解説していくので、ダイエットを成功させたい方はぜひ取り入れてみてください。

食事のタイミングは夜がベスト

一日一食ダイエットで食事を摂るタイミングはいつでもOKですが、推奨されているのは「夕食時」です。

一日に一食しか食べられないので、一回の食事で十分なカロリーや栄養素を摂取しなければなりません。そのためには、ゆっくり食べられる時間が必要不可欠でしょう。

朝昼に比べ時間を確保しやすい夜であれば、ゆっくり食事ができるうえ、栄養バランスやカロリーをしっかり考えられそうですよね。

また、食事を夜に摂れば、

  • 日中の集中力がアップする
  • 目覚めがよくなる

といった効果も期待でき、ダイエットだけでなく、生活にもいい影響を与えます。

ただし、寝る直前に食べれば太りやすい身体を作る原因になりかねないので、食事は就寝の2時間前までに済ませるようにしてください。

▼一日一食ダイエットで夜食べるメリットや注意点を徹底解説▼

https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/one-meal-night/

>>一日一食ダイエットは夜が最も効果的!?メリット4つと注意点を解説

▼一日一食ダイエットを朝やりたい人向け▼

https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/oneday-oneeat-morning/

【成功のコツあり】一日一食ダイエットで朝だけ食べる3つのメリット!

空腹が辛いときは間食する

一日一食ダイエット中は空腹との闘いが続きますが、我慢しすぎるのもよくありません。ストレスを溜め込み暴食に走るぐらいなら、こまめに間食を挟んで無理なく続けましょう。

なお、一日一食ダイエット中の間食は、

  • 無糖ヨーグルト
  • 小魚
  • ナッツ類
  • するめ
  • プロテイン

など、低糖質な食品を摂取すれば、太るのを防げます。間食を摂る時間は、脂肪を溜め込みにくい時間だと言われている「14時〜16時」を意識してみてください。

一日一食ダイエットを成功させる3つのコツ

では最後に、一日一食ダイエットを成功させるコツを3つ紹介します。

  1. 食事量は少しずつ減らす
  2. 栄養バランスを考える
  3. 適度な運動を取り入れる

順番に解説していくので、ぜひ参考にしてダイエット効果を高めてみてください。

1.食事量は少しずつ減らす

これまで三食摂っていた食事をいきなり一食にすれば、慣れない食事制限にストレスを感じたり、栄養バランスが偏ってしまったりと、ダイエットに失敗しかねません。

なので、これから一日一食ダイエットを始めるなら、まずは二食、慣れたら一食と少しずつ食事回数を減らしていきましょう。

体調不良を防ぐ効果もあるので、無理せず取り組みたい方はぜひ実践してみてください。

2.栄養バランスを考える

一日一食ダイエット中は栄養不足を引き起こしがちなので、三大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)をバランスよく摂取しましょう。

具体的には、以下の食品を偏りなく取り入れてみてください。

【糖質を含む食品】

  • ご飯
  • 麺類
  • 芋類
  • 果物
  • 砂糖

【脂質を含む食品】

  • 油脂類
  • チーズ
  • 脂身のある肉
  • ナッツ類
  • スナック菓子

【タンパク質を含む食品】

  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆・大豆製品
  • 卵類
  • 牛乳、乳製品

なお、一日一食ダイエット中に筋肉量が低下すれば、太りやすくなってしまいます。なので、筋肉のもととなる「たんぱく質」は積極的に摂取していきましょう。

3.適度な運動を取り入れる

一日一食ダイエット中は、適度な運動も取り入れましょう。

運動といっても、日常的に実践できるような軽いメニューで構いませんが、一日一食ダイエット中は筋肉量が低下しがちなので、筋トレが効果的です。

以下のような気軽に取り組めるメニューから、ぜひ挑戦してみてください。

  • スクワット
  • ブリッジ(お尻上げ)
  • 腕立て伏せ
  • 腹筋・背筋運動

なお、一日一食ダイエット中の運動は身体に大きな負担がかかるため、無理は禁物です。週に2〜3回程度、軽いメニューから始めて継続を意識していきましょう。

▼一日一食ダイエットの筋トレ効果を高めるコツを解説▼

https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/one-meal-training/

>>一日一食ダイエット中の筋トレは無意味!?【効果を高めるコツや食事法を解説】

まとめ:一日一食ダイエットで効率良く痩せよう!

一日一食ダイエットは、食事回数を減らすだけのシンプルな減量法ですが、正しい方法で取り組まなければ逆効果になる場合もあります。

これから挑戦しようと思っている方は、今回紹介した基礎知識やポイントをしっかり頭に叩き込んでおきましょう。

栄養バランスの整った食事や軽い運動も取り入れて、効率良く健康的なダイエットを目指してみてください!

Recommended