パーソナルトレーニング・プライベートジム ティーバランス未分類店
営業時間7:00-23:00
TOP 投稿 一日一食ダイエット中はいつ食べるべき?【時間帯別のメリット・デメリット】

一日一食ダイエット中はいつ食べるべき?【時間帯別のメリット・デメリット】

2021/01/22

    一日一食ダイエットをするとしたら、一日のうちのいつ頃に食べるのがいいの…?

    あなたもこんな疑問を抱えていませんか?

    一日一食ダイエットで食事を摂るタイミングは特に決まっておらず、いつ食べるかによって効果が大きく変わるわけでもありません。

    しかし、食事のタイミングによってメリットやデメリット、注意すべきポイントが異なるので、それぞれ理解したうえで判断する必要があるでしょう。

    そこでこの記事では、

    • 一日一食ダイエットのベストな食事のタイミング
    • 朝・昼・夜タイミング別のメリット&デメリット
    • いつ食べるべきかを決めるポイント

    を紹介していきます。一日一食ダイエットでいつ食べるべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

    一日一食ダイエットはいつ食べるのがベスト?

    結論から言って、一日一食ダイエットで食事を摂るタイミングに決まりはなく、いつ食べてもOKですが、推奨されているのは夜です。

    なぜなら夜は、

    • ゆっくり食べられる時間を確保しやすい
    • 栄養の吸収効率が良い
    • 飲み会や食事会に参加できる

    などといった条件が揃っており、心や身体に負担をかけにくいから。できるだけストレスを溜めず、効率良く取り組みたいのであれば、夜に食べるのがベストだと言えるでしょう。

    とはいえ一日一食生活は、食事回数を減らすことで自然とアンダーカロリーが叶い、減量を目指せるダイエット法です。大事なのは食事の質と量であり、タイミングではありません。

    どの時間に食べればどんなメリットを得られるのか、そして自分のライフスタイルに適しているかといった点を考慮して、あなたに合うタイミングを選んでみてください。

    一日一食のタイミング別メリット・デメリット

    一日一食ダイエットでいつ食べるべきかを判断するためには、タイミング別のメリット・デメリットを理解しておく必要があります。

    • 朝だけ食べるメリット・デメリット
    • 昼だけ食べるメリット・デメリット
    • 夜だけ食べるメリット・デメリット

    これらを順番に解説していくので、自分は何を優先したいのかを考えてみてください。

    朝だけ食べるメリット・デメリット

    まず、一日一食ダイエットで朝だけ食べるメリット・デメリットは以下の通りです。

    【朝だけ食べるメリット】

    • 睡眠の質が高まる
    • 日中の活力が向上する
    • 昼・夜の時間を有効活用できる

    【朝だけ食べるデメリット】

    • 排泄活動を阻害する可能性がある
    • 食事の時間を確保しにくい
    • 強い空腹感を感じやすい

    朝食を摂れば、睡眠時のエネルギーを消化に使わなくなるので、細胞の修復や疲れを取ることに集中できて目覚めがよくなり、気持ち良く1日のスタートが切れます。

    ただし、朝だけの食事のみだと、夜にはお腹が空っぽになってしまうでしょう。仕事や学業を終えて自宅でのんびり過ごす時間に空腹感と闘うのは、想像以上に辛いかもしれません。

    一日一食ダイエットで朝食べる場合は、できるだけ早い時間に就寝して空腹を遠ざけたり、適度な間食を挟んだりして、ストレスを溜めないように心がけてください。

    ▼一日一食ダイエットで朝食べるメリットや注意点を徹底解説▼

    https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/oneday-oneeat-morning/

    >>【成功のコツあり】一日一食ダイエットで朝だけ食べる3つのメリット!

    昼だけ食べるメリット・デメリット

    次に、一日一食ダイエットで昼だけ食べる場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

    【昼だけ食べるメリット】

    • 時間が限られているため食べ過ぎを防げる
    • 日中のエネルギーを補給できる
    • 生理的リズムに合わせて食事を摂れる

    【昼だけ食べるデメリット】

    • 栄養不足になりやすい
    • 午後から眠くなりやすい
    • 睡眠の質が下がる可能性がある

    昼だけ食べる一日一食ダイエットは、時間を確保しにくいため栄養不足になりがちなのがデメリット。一方で、日中のエネルギー不足を防ぎ、身体の生理的リズムに合わせた生活ができます。

    午後からの集中力が切れたり、身体のバランスを乱したりしにくく、日常生活への影響を極力抑えられるので、効率的かつ健康的なタイミングだと言えるでしょう。

    とはいえ、仕事などで忙しくあまりにも時間がとれない、ランチへよく行く、といった場合は、栄養の偏りや食事量の不足に要注意です。昼だけ食べるなら、食事内容には特に意識を向けてください。

    ▼一日一食ダイエットで昼食べるメリットや注意点を徹底解説▼

    https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/lunch/

    >>【最も健康的!?】一日一食ダイエットで昼だけ食べるメリットと成功のポイント3つ

    夜だけ食べるメリット・デメリット

    一日一食ダイエットで食事を摂るタイミングとして推奨されている「夜」ですが、夜だけ食べた場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

    【夜だけ食べるメリット】

    • 飲み会にいける
    • 栄養の吸収効率が高い
    • 日中の眠気を防げる(作業効率があがる)

    【夜だけ食べるデメリット】

    • 食べ過ぎる可能性がある
    • 目覚めが悪くなる
    • 胃腸に負担がかかる

    夜だけ食べた場合は食事をゆっくり摂れる以外にも、飲み会に行けたり、効率良く栄養を吸収できたりといったメリットがあります。

    しかし、朝昼と同様にもちろんデメリットもあります。食事の時間を確保しやすく摂取量も多くなりやすいからこそ、食べ過ぎや胃腸への負担には注意が必要でしょう。

    また、食後すぐに眠ると血中のエネルギーが消費されず太りやすいうえ、体調不良の原因にもなりかねません。夜食べるなら、早めの時間に食事を済ませるようにしてください。

    ▼一日一食ダイエットで夜食べるメリットや注意点を徹底解説▼

    https://t-balance-gym.com/fcul/one-meal/one-meal-night/

    >>一日一食ダイエットは夜が最も効果的!?メリット4つと注意点を解説

    一日一食ダイエットでいつ食べるかを決めるポイント

    次に、一日一食ダイエットでいつ食べるかを決めるポイントを確認していきましょう。

    1. ゆっくり食べられる時間を選ぶ
    2. 空腹に耐える自信がない時間帯を選ぶ
    3. 生理的リズムに合わせるなら12時〜20時

    順番に解説してくので、最適なタイミングを見つける参考にしてみてください。

    ポイント1:ゆっくり食べられる時間を選ぶ

    一日一食ダイエットは、1回の食事で十分な栄養素を摂取する必要があるので、ゆっくり食べられる時間が必要です。

    まずは、1日に必要なカロリーの目安をご覧ください。

     男性女性
    デスクワーク中心1,700~1,800kcal1,500~1,600kcal
    適度に運動をしている2,000~2,200kcal1,700~1,900kcal
    運動量が多い2,500~3,000kcal2,000~2,200kcal

    デスクワーク中心の女性でも一日に1,500kcalは必要ですが、1回の食事のみで摂取するのは難しいですよね…。なので、できる限り多くの時間が必要不可欠です。

    また、たくさん食べる以外にも、

    • バランスの整ったメニューを考える
    • 健康的な料理を作る

    など、栄養不足や偏りを防止するための「食事を準備する時間」も確保しなければなりません。

    夜が推奨されている一番の理由は比較的時間が確保しやすいからですが、仮にあなたが夜勤の仕事をしているのであれば、夕食をゆっくり摂るのは難しいでしょう。

    一日一食ダイエットで食事を摂るタイミングは、仕事や学業など自分の生活リズムも考慮して、最もゆっくり食べられそうな時間帯を選んでみてください。

    ▼一日一食ダイエットでストレスを溜めない方法を解説▼

    一日一食ダイエットでリバウンドする原因はストレス!?その対処法を徹底解説!

    一日一食ダイエットでリバウンドする原因はストレス!?その対処法を徹底解説!

    ポイント2:空腹に耐える自信がない時間帯を選ぶ

    空腹をどう乗り越えるかは、一日一食ダイエットにおける大きな課題だと言えます。

    「お腹が空いても我慢できるか不安…。」と感じるなら、空腹に耐える自信がない時間帯に食事を摂るようにしましょう。

    一日一食ダイエットで空腹を我慢しすぎると、

    • ストレスが溜まる
    • 眠れなくなる
    • 気分が悪くなる

    といった状態に陥りやすく、暴飲暴食に走ったり、体調を崩したりする原因になりかねません。結果、ダイエット自体に挫折してしまう可能性もあるでしょう。

    一日一食ダイエットの期間中は適度であれば間食を挟んでもOKですが、食べ過ぎてカロリーオーバーしてしまわないか心配な方も多いですよね…。

    効率的に、かつできるだけストレスをかけずに取り組みたいのであれば、空腹を我慢できなさそうな時間や、お腹が空くと困るタイミングを選ぶのも一つの手かもしれません。

    ポイント3:生理的リズムに合わせるなら12時〜20時

    12時(正午)〜20時の間に食事を摂れば、身体の生理的リズムに合わせた食生活が実現します。

    生理的リズムとは、24時間を「排泄・消化・吸収」の3つに分ける腸内サイクル(腸内リズム)のことであり、詳しくは以下の通りです。

    朝(午前4時~正午)排泄の時間
    昼・夜(正午~午後8時)栄養補給と消化の時間
    深夜(午後8時~午前4時)吸収と代謝の時間

    12時〜20時の間は「栄養補給と消化の時間」に当てはまり、食事を摂取するのに最適なタイミングだと言えるでしょう。

    逆に、

    • 20時以降は消化した食材を吸収する
    • 4時〜12時は体内の不要物を排出する

    といった特徴があるので、このタイミングで食事を摂ると必要以上に栄養を取り込んで脂肪が蓄えられたり、排泄活動を邪魔したりしかねません。

    身体の生理的リズムに反することなく、健康的にダイエットしたいのであれば、一日一食生活中の食事は12時〜20時の間に済ませましょう。

    まとめ:一日一食ダイエットでいつ食べるべきかは自分に合わせて考えよう!

    一日一食ダイエットの基本ルールは食事の回数制限のみなので、いつ・何を食べるかは自由です。また、効果の有無を左右するポイントは食事内容であり、タイミングではありません。

    とはいえ、どのタイミングで食事を摂るかにより、それぞれメリットや注意点が異なるので、慎重に判断しましょう。

    一日一食ダイエットでいつ食べるか決めるなら、

    • ゆっくり食べられる時間を選ぶ
    • 空腹に耐える自信がない時間帯を選ぶ
    • 生理的リズムに合わせるなら12時〜20時

    といったポイントも参考に、自分のライフスタイルに合ったタイミングを選んでみてくださいね。

    Recommended

    New