TOP ブログ ジムが高いと困っている人必見!トレーニングを安く行う5つのコツを徹底解説

ジムが高いと困っている人必見!トレーニングを安く行う5つのコツを徹底解説

2021/11/21
  • トレーニング

ジムって高くない?
安くジムに通う方法ってないのかな?
入会金や月額費を考えると、入会するか迷う

とお困りではありませんか?

ジムの月会費は約1万円、交通費なども考えると決して安くはありません。せっかくジムに通っているのに期待した効果が出ないと、払っているお金が無駄なのでは?と考えてしまうことも。

せっかくお金を支払っているのであれば、効果を最大限に発揮させたいですよね。そして、料金を抑えたいのが本音だと思います。

この記事では、少しでもお得にジムに通ってもらえるように

  • 年間でジムにかかる費用
  • トレーニングを安くするコツ
  • 高くてもジムに通うメリット

を詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

早く確実にトレーニングの成果を出したいなら、パーソナルトレーニングジムのティーバランス(T-BALANCE)がおすすめ。業界最安クラスの通いやすい価格で、理想のボディを目指しませんか?

無料体験では、食事やトレーニングのアドバイスも受けられるので、ぜひご活用ください!



 

【ジムが高いのは事実!】1年間で約12万円の出費

結論から言うと、ジムは高いです。スポーツジムの多くが月額制を採用していて、その相場は約1万円です。1年間で約12万円の出費と考えると、大きいですよね。

大手ジムの月額費を、紹介します。

ジム月額
GOLD’S GYM14,300円(関東エリアメンバー)
RENAISSANCE14,190円
KONAMI SPORT CLUB10,340円(好きなだけフリー)
東急スポーツオアシス15,180円
ANYTIME FITNESS8,000円前後(店舗によって異なる)

最低でも8,000円は月額費として、支払わなければいけません。24時間営業のジムであれば、他にもセキュリティキー代なども必要になります。口座引き落としが多く、休会または退会手続きを行わない限り毎月自動で引き落とされます。

また、スポーツジムに通うために

  • 入会金
  • スポーツウェア・シューズ
  • ロッカー代
  • 交通費

などもプラスでかかりますよね。つまり、年間で12万円以上のお金がジムに通うために必要なのです

トレーニングを安くする5つのコツ

少しでもトレーニングを安く済ませたいと言う人のために、5つのコツを紹介します。

  1. 宅トレ
  2. キャンペーンを利用する
  3. 会社の福利厚生を利用
  4. 公共のトレーニング施設を使う
  5. ジムのプランを変更する

それぞれ順番に確認していきましょう。

【コツ1】宅トレ

自宅でトレーニングをする宅トレは、ジム代を0円にすることができます。筋トレ初心者であれば、自重トレーニングだけでも十分効果が期待できるので初期投資も少なく済みます。

ただし、足腰を痛めないためにも最低限動きやすい服装とヨガマットなどを用意すると良いでしょう。自重で物足りなくなったら、ダンベルやトレーニングベンチなどを購入すると筋トレの幅が広がります。

とはいえ、運動初心者が宅トレをするのは、正しいフォームで行えず筋肉を上手に刺激できなかったり、怪我のリスクを上げたりしますある程度の知識が身についてから、宅トレに変えた方が良いでしょう。

【コツ2】キャンペーンを利用する

キャンペーンを利用して入会すると、安くジムに通うことができます。「カウンセリング時に入ると、入会金無料」というキャンペーンはよく目にしますよね。

他にも、

  • ◯周年記念
  • ブラックフライデー
  • Web入会キャンペーン
  • 年間一括で支払うと◯月分お得

などがあります。キャンペーンを利用すれば3ヶ月の月額費用が半額になることもあり、かなりお得です。自分が通いたいと思っているジムがあれば、何かキャンペーンを行っているときに入会すると良いでしょう。

ただし、キャンペーンを使って入会をすると退会条件が厳しくなることも多いです。継続して通えない場合は、幽霊会員になりがちなので事前に退会条件を確認しましょう。

【コツ3】会社の福利厚生を利用

会社によりますが、スポーツジムと法人契約をしている場合は安く利用できます。法人契約は、大きく分けて2つです。

  • 法人が全額負担
  • 法人会費の支払いで利用者を割引

福利厚生に、スポーツジムが含まれているかぜひ確認してみてくださいね。会社が全額負担なのに、使っていなかったらもったいないです。また、家族も利用できる場合もあるので、自分の会社の福利厚生にジムが含まれていなくても安く利用できるチャンスはまだあります。

【コツ4】公共のトレーニング施設を使う

公営ジムを利用すると、1回の利用料が200〜500円です。月額1万円のジムに通っていたとして月に8回通ったら、1回の利用料は1,250円です。

また、都度払いや回数券がほとんどなので、月で払う必要がありません。月によって、行ける回数が異なる人にはありがたいですね。都度払いであればお試し感覚で気軽に通えるので、いくつかの公営ジムを通ってみてもおもしろいです。

ただし、公営ジムは設備が古くお風呂やサウナなどは付いていないことがほとんどです。営業時間も限られているので要チェック。住んでいる市のジム以外も通えるので、家の近くに無くても会社や学校近くで探してくださいね。

【コツ5】ジムのプランを変更する

通いたい時にいつでも通えるからと、フリープランにしていませんか。通っているジムのプランを確認してみましょう。たとえば、

  • デイタイム会員
  • アフター6会員
  • 月2回まで
  • 平日会員

など、様々なプランがあります。最初は、通える時間帯やどのくらいの頻度でジムに通えるか分からないと思います。ルーティンができるまでは、フリープランでも良いでしょう。しかし、1度習慣化されると通う時間帯に合ったプランに変更すればジム代を減らせます。

変更できる日にちが決まっていたり、手続きに手間がかかったりしますが少しでもジム費用を抑えて他のことに使うためにも、今のプランが最適か考えて変更してくださいね。

ジムは高いけど通うメリット6つ

ジムは高いです。しかし、それでも通うメリットがたくさんあります。こちらでは、主なメリットを6つ紹介します。

  1. 健康で丈夫な体を維持しやすい
  2. ストレス発散
  3. 豊富なマシーン
  4. スタジオレッスンに気軽に参加できる
  5. 達成感を味わえる
  6. フォームの確認やメニュー相談ができる

それぞれ順番に確認していきましょう。

【メリット1】健康で丈夫な体を維持しやすい

定期的にジムに通い、運動を習慣化させることで健康で丈夫な体を維持しやすくなります社会人や受験生など、運動不足な人も多いですよね。健康のために体を動かさなくては、と頭では理解しているものの行動に移すのは難しいです。

なぜ、健康で丈夫な体を維持しやすいのか簡単に説明します。運動することによって、

  • 体力がつく
  • 糖尿病など生活習慣病の予防ができる
  • 筋肉量が増えることで体を支えやすくなる
  • 有酸素運動で心肺機能をアップさせ、免疫力が向上する

など、他にもたくさんのメリットがあります。厚生労働省によると、日本人男性の平均寿命は81.64年で女性は87.74年です。健康寿命に関しては2016年までしか発表されていませんが、男女ともにその当時の平均寿命より約10年短いです。

若々しい肉体を維持するためにも、ジムでしっかりと筋肉を鍛えましょう。筋肉は鍛えないと、歳と共に衰えてしまいます。有酸素運動では鍛えられない筋肉なので、しっかりと筋トレも取り入れてくださいね。「お腹が出てきた」と痩せたい人は、筋トレと併せて有酸素運動を行えるとさらに効果的です。

【メリット2】ストレス発散

運動は、ストレス発散に効果的です。これは、科学的にも証明されています。運動をすることにより脳の血行が良くなり活性化され、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが脳内に増えるからです。

セロトニンが増えると、心のバランスが整い平常心を保ちやすくなります。さらに、集中力の向上が期待できます。約20分の運動で12時間の幸福感が持続すると言われています。ストレスを抱えている人こそ、ジムに通ってさくっと運動をして汗を流して欲しいです。頑張る必要はありません。自分のペースで楽しみながらワークアウトをしてくださいね。

【メリット3】豊富なマシーン

宅トレや公営ジムとは異なり、豊富なマシーンが設置されているのもジムの魅力です。初心者から上級トレーニーまで楽しみながら筋トレを行えます。また、マシーン数も多いので待ち時間が少なく済みます。

ある程度筋トレに慣れてくると、自重トレーニングでは物足りなくなります。負荷をしっかりかけるためにも、マシーンの存在は必須です。特に、一人でトレーニングする場合はバーベルやダンベルで限界まで鍛えるのは難しいです。理由は怪我をする可能性があるから。

しかし、マシーンを使った筋トレであれば安全バーがあったり、角度を固定できたりするのでフォームも安定しやすく怪我のリスクも低いです。筋トレ方法が分からない人も、説明付きでほとんどがシンプルな動きであるマシーンは取り組みやすいです。

【メリット4】スタジオレッスンに気軽に参加できる

スタジオレッスンに気軽に参加できるのも、ジムに通う魅力の1つです。「ヨガに挑戦してみたい」「ズンバで楽しくダイエットがしたい」など、さまざまなニーズに答えてくれます。

毎回通う必要もないので、一人でトレーニングに集中できない時に流れが決まっているスタジオレッスンに参加するのもおすすめです。普段使わない筋肉や関節を、楽しみながら刺激できるのも良いですね。初級クラスから始めてステップアップしていく過程もモチベーション維持に最適です。

【メリット5】達成感を味わえる

大人になると、なかなか達成感を味わえませんよね。正解がないことが多くて、疲れてしまうこともしばしば。

ボディメイクは、正しい知識で継続すれば必ず結果が出ます自分の努力で体がどんどん変わっていく達成感は最高です。また、以前は持ち上げられなかった重量を持ち上げられるようになったときは、自分の成長を確認できます。

頑張った分だけ結果が出るので、モチベーションを維持しやすいです。最近何も達成できていない、ダメ人間かもしれないと自己嫌悪に陥っている人は、ぜひジムで筋トレを行ってくださいね。

【メリット6】フォームの確認やメニュー相談ができる

ジムに通っていれば、トレーナーが在籍しているのでフォームの確認やメニュー相談が気軽にできますジムによっては、初心者トレーニー向けにマシーンの使い方を初回トレーニング日に説明してくれるところもあります。

正直、運動初心者だとほとんどのマシーンの使い方が分かりません。その結果、ランニングマシーンなど有酸素運動ばかりしがちです。筋肉を鍛えるためにも、ぜひ筋トレを行って欲しいです。

フリーウェイトに挑戦したくなったり、今行っている筋トレメニューに自信がなかったりしたら相談してみましょう。より効率的にボディメイクを行えます。

費用を抑えるのも大切だけど、一生通えるかを重視しよう

結論から言うと、ジムは高いです。しかし、最高の自己投資とも言えます。いくつになっても自分の足で歩くためには、筋肉が必要です。

正直、ジム会員の約80%は幽霊会員になっています。そうならないためにも、料金だけでなく通いやすさやしっかりと鍛えられる環境であるかも注目してください。

特に、運動初心者は何をしたら良いか分からずモチベーションを維持するのが大変です。すでに知っている有酸素運動や同じ筋トレばかり繰り返していても、期待した効果が現れなかったり怪我をしたりすることもあります。ジムに通えば、

  • 豊富なマシーン
  • スタジオレッスン
  • すぐに相談できるトレーナー

など筋トレなど運動の正しい知識を得やすいです。まずはジムに通い、自分自身で十分な筋トレができるようになってから、宅トレなど他の方法を模索すると良いでしょう。

とは言っても、どのジムに通ったらボディメイクの正しい知識が学べて、楽しむことができるのか分からないと言う人も多いですよね。そんな人におすすめなのが、T-balanceです。

パーソナルジムは、普通のジムより高いです。T-balanceは、他のパーソナルジムと比べると安くトレーニングを受けられます。さらに、持ち物は一切不要トレーニングウェアやシューズ、シャワー時に使うアメニティ、そして筋トレ後のゴールデンタイムを逃さないプロテインまで全て用意されています。

また、プロのトレーナーが最適なトレーニングメニューを組んでくれるだけでなく、食事管理もしてくれます。効率良く、あなたの理想に近づくことができます。

気になった方は、無料カウンセリングと体験トレーニングを受けてみてくださいね。

パーソナルトレーニングジムのティーバランス(T-BALANCE)

Recommended