TOP ブログ 【部位別に解説】宅トレに使えるおすすめの筋トレ器具17選!失敗しない選び方とは?

【部位別に解説】宅トレに使えるおすすめの筋トレ器具17選!失敗しない選び方とは?

2021/08/30
  • トレーニング
筋トレ器具ってどんなものがあるの? 腹筋や下半身など、部位別のおすすめ器具を知りたい! 筋トレ器具は選ぶ際のポイントってあるのかな?

など、お悩みをかかえていませんか?

筋トレのバリエーションを増やしたいと思い、トレーニング器具を買おうか迷っている方も多いと思います。しかし、様々な商品が販売されており、どれを選べばいいのか分かりませんよね。

そこでこの記事では、ジムトレーナーがおすすめの筋トレ器具を厳選して紹介。部位や使用方法別に、以下4つのカテゴリーに分けて解説します。

  • 腹筋を鍛える
  • 下半身・足を鍛える
  • 上半身を鍛える
  • 様々な使い方ができる

これから紹介する器具は、自宅でのトレーニング効果を高めるものです。失敗しない筋トレ器具の選び方も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

早く確実にトレーニングの成果を出したいなら、パーソナルトレーニングジムのティーバランス(T-BALANCE)がおすすめ。業界最安クラスの通いやすい価格で、理想のボディを目指しませんか?

無料体験では、食事やトレーニングのアドバイスも受けられるので、ぜひご活用ください!



 

腹筋を鍛えるのにおすすめの筋トレ器具4選

腹筋を鍛えるのにおすすめの器具は、以下の4つです。

  1. 腹筋ローラー
  2. バランスボール
  3. バランスディスク
  4. EMSパッド

それぞれの器具の特徴などを解説します。ポッコリお腹が気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.腹筋ローラー

腹筋ローラーは、車輪に取っ手が付いたような形の筋トレ器具です。省スペースでできるため、家でのトレーニングにぴったり。

腹筋ローラーは、主に腹直筋を鍛えるのに効果的です。腹筋だけでなく、上腕二頭筋や大胸筋など、全身の筋肉にも負荷をかけられます。ある程度、高負荷のトレーニングを行える点がメリットです。

初心者が腹筋ローラーを選ぶ際には、ローラーが大きく安定性が高いものがおすすめです。直径20㎝以上の商品を目安に選択すると、初めて使う方でも安心してトレーニングを行えます。

2.バランスボール

バランスボールは、骨盤周りや体幹を鍛えられる器具です。座っているだけでトレーニングができるため、テレビを見たりデスクワークをしたりしながらでも体を鍛えられます。

バランスボールは、身長に合わせたサイズを選びましょう。座った際に、膝が90度になるくらいの大きさが好ましいです。

身長と適正サイズの目安は、以下の通りです。

身長バランスボールのサイズ
150〜170cm55cm、65cm
170〜180cm65cm、75cm
180cm以上75㎝、85cm

最近では、カバー付きでインテリアに馴染むバランスボールも販売されています。

3.バランスディスク

バランスディスクとは、円盤型のバランスボールです。インナーマッスルを鍛えるのに効果的です。

バランスディスクは、バランスボールよりサイズが小さく、自宅に置きやすいことがメリット。使わないときは、簡単に収納しておける点も魅力です。

バランスディスクはバランスボールのように座って使うだけでなく、腕立て伏せやスクワットの際に、下に敷いて活用することも可能。トレーニングのバリエーションを広げるのにも役立つ筋トレ器具です。

バランスディスクは、体重をかけて使用するグッズです。そのため、体重の2倍程度の重さに耐えられる商品を選びましょう

4.EMSパッド

EMSパッドとは、電気の力で筋肉に刺激を与えるトレーニング器具です。お腹に貼り付けて使用します。貼るだけで良いため、家事や仕事をしながらでも腹筋を鍛えられます。

EMSパッドを選ぶ際には、電気の強さや刺激の種類を選べるかどうかを確認しましょう。強度を細かく変えられる商品であれば、自分に合った負荷で筋肉を鍛えられます。

EMSパッドは、電極部にジェルを貼り、体に密着させて電気が流れる仕組みです。ジェルは消耗品なので、定期的に買い換える必要があります。ランニングコストがどれだけかかるのかを考えて、購入する商品を選ぶのもおすすめです。

下半身・足を鍛えるのにおすすめの筋トレ器具5選

下半身や足を鍛えるのにおすすめの筋トレ器具は、以下の5つです。

  1. レッグスライダー
  2. ステッパー
  3. エアロバイク
  4. ランニングマシン
  5. 内転筋トレーニング器具

各トレーニンググッズについて、特徴や選び方を解説します。

1.レッグスライダー

レッグスライダーは、器具に足を乗せて、スライドして使用する筋トレグッズです。主に内ももやお尻、インナーマッスルなどを鍛えられます。テレビなどを見ながら、気軽に筋トレができます。

初心者が購入する際には、持ち手が付いているレッグスライダーがおすすめです。安定性が高いため、安心してトレーニングを行えます。

なお、レッグスライダーの中には、折り畳み式の商品もあります。コンパクトに収納できる点が魅力です。

2.ステッパー

ステッパーは、その場で足を上下に動かして使うトレーニング器具です。主に、内ももやふくらはぎ、お尻などへアプローチできます。

ステッパーを使うことで、ジョギングに近い運動ができます。有酸素運動が行えるため、脂肪燃焼効果も期待できるグッズといえるでしょう。

ステッパーの中には、左右に踏み込める商品があります。下半身にひねりが加えられるため、腹斜筋を鍛えたい方におすすめです。

「踏み込んでいる際にバランスを崩しそう」と不安に感じている方は、持ち手が付いているストッパーを選びましょう。

3.エアロバイク

エアロバイクは、自転車の形をしたトレーニング器具です。

ペダルをこぐだけなので、運動に慣れていない方でも、気軽に行えるのがメリット。有酸素運動を行えるため、脂肪燃焼効果も期待できます。

エアロバイクは、サイズが大きいイメージがありますが、コンパクトなタイプも販売されています。購入する際には、部屋に置ける場所があるのかを確認しておきましょう。

なお、エアロバイクは作動音が意外と大きい器具です。マンションやアパートに住んでいる方は、静音設計の商品を選んだり、マットを引いたりするなど工夫することをおすすめします。

4.ランニングマシン

ランニングマシンは、ジムにも置かれている有酸素運動の定番器具です。室内でも気軽にランニングを行えます。

ただし、ランニングマシンはサイズが大きいため、ある程度スペースが必要です。購入する際には、長さや幅などを確認しておきましょう。なお最近では、折りたたみできるものも販売されています。

ランニングマシンを選ぶ際には、ベルトの長さと幅を確認します。走りやすさを考えると、長さが120㎝以上ある商品がおすすめです。

ベルトの幅は、35cm以上のランニングマシンを選びましょう。ジョギングくらいのスピードで走る場合は、40cm以上の商品が好ましいです。

5.内転筋トレーニング器具

内転筋トレーニング器具は、太ももで挟み込むようにして使います。主に、内ももに効果的な筋トレグッズです。

内転筋トレーニング器具の特徴は、座りながら使えることです。そのため、デスクワーク中にも気軽に筋トレを行えます。

上半身を鍛えるのにおすすめの筋トレ器具5選

上半身を鍛えるのにおすすめの器具は、以下の5つです。

  1. ダンベル
  2. プッシュアップバー
  3. 懸垂器具
  4. ケトルベル
  5. ハンドグリップ

胸や腕、背中にアプローチをかけたい方は、ぜひチェックしてみてください。

1.ダンベル

ダンベルは、腕や胸を鍛えるのに効果的な筋トレ器具です。活用方法が豊富であり、スクワットする際に負荷をかけるにも使えます。

ダンベルを初めて使う方には、握りやすいネオプレーン加工のものを選びましょう

重量の目安は、以下の通りです。

  • 男性:5~20kg
  • 女性:1~15kg

なお、重さを自由に変えられるダンベルもあります。徐々に筋力を付けていきたい方におすすめです。

2.プッシュアップバー

プッシュアップバーは、腕立て伏せをする際に使える筋トレグッズです。

使用することで、手首への負担を軽減できます。床で行うよりも深く腕立て伏せができるため、高い効果が期待できます。

プッシュアップバーを選ぶ際には、安定性の高いものがおすすめです。底に吸盤が付いていたり、スポンジが付いていたりして、滑りにくくなっている商品を選びましょう。

3.懸垂器具

懸垂器具は、上半身を鍛えられる筋トレグッズです。自宅にあることで、気軽に懸垂ができるがメリット。

懸垂器具をすることで、主に以下の部位にアプローチをかけられます。

  • 二の腕
  • 胸筋
  • 腹筋
  • 背筋

その他にも、お尻なども鍛えられます。

懸垂器具は、サイズが大きめなので、ある程度部屋にスペースが必要です。購入の際には、高さや幅を確認しておきましょう。

4.ケトルベル

ケトルベルは、腕や体幹など、上半身をバランス良く鍛えられるトレーニンググッズです。

ケトルベルを使うことで、体を振り回されるような運動を行えます。そのため、インナーマッスルの強化にも効果的です。

ケトルベルを選ぶ際には、重量に着目しましょう。主な目安は、以下の通りです。

  • 男性:8~12kg
  • 女性:4~6kg

自分のレベルに合った重量を選ぶように、意識してみてください。

5.ハンドグリップ

ハンドグリップは、前腕を鍛えるのに効果的なトレーニング器具です。握力アップの効果も期待できます。

ハンドグリップは、サイズが小さく、持ち運びしやすいことがメリットです。なお、負荷が小さいものであれば、100円ショップでも購入できます。

ハンドグリップを選ぶ際には、握りやすさに意識を傾けましょう。主に、ラバーやシリコン素材のものがおすすめです。

様々な使い方ができる筋トレ器具3選

筋トレ器具の中には、様々な使い方ができるものもあります。1つ持っておくだけで、トレーニングの幅が広がります。

おすすめなのは、主に以下3つです。

  1. トレーニングベンチ
  2. エクササイズチューブ
  3. ヨガマット

各グッズについて、順番に解説します。

1.トレーニングベンチ

トレーニングベンチは、幅広い筋トレで使用できる器具です。

例えば、ブルガリアンスクワットやダンベルプレスなどを行えます。上手く活用できれば、全身を鍛えられます。

トレーニングベンチは、耐荷重量を確認して選びましょう。体重とトレーニング器具の重さなどを考え、200kg以上のものがおすすめです。

2.エクササイズチューブ

エクササイズチューブは、ゴムの伸縮性を活かして、トレーニングに負荷を与えられるグッズです。

両手で引っ張れば、腕や胸を鍛えられます。また、太ももに巻き、足パカをすると内転筋に効果的です。

エクササイズチューブを選ぶ際には、ゴムの強度に着目しましょう。初心者や女性であれば、ソフト・ミディアムタイプがおすすめです。

3.ヨガマット

ヨガマットは、体を硬い床から守ってくれる役割があります。ヨガだけでなく、筋トレやストレッチなどにも使えるグッズです。

ヨガマットを選ぶ際には、ある程度厚みがあるものがおすすめ。5〜6mm程度あれば、安定してトレーニングを行いやすいです。

【失敗しない】筋トレ器具の選び方2選

筋トレ器具の種類は豊富です。例えば、ダンベルひとつとっても、様々な商品が展開されています

そこでこちらでは、筋トレ器具を選ぶときのポイントを解説します。

主に以下2点です。

  1. 価格
  2. サイズ

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

1.価格

トレーニンググッズを購入する際には、価格を確認しましょう。同じ筋トレ器具でも、値段が異なる場合があるためです。

必ずしも高い商品が良いという訳ではありませんが、安価なものは故障する危険性が高いです。トレーニング中に壊れてしまうと、ケガをしてしまうリスクもあります。

筋トレ器具を選ぶ際には、各グッズの値段の相場を把握しておくのがおすすめです。相場に合ったものだと、品質も安心できるでしょう。

2.サイズ

筋トレ器具を選ぶときは、サイズを確認しましょう。トレーニンググッズによって、大きさが異なるためです。

例えば、ランニングマシンのサイズは、長さ140cm×幅50cmくらいです。畳1枚くらいの大きさがあり、部屋によっては置けない可能性もあります。

トレーニンググッズを購入する際には、自宅に置くスペースがあるのかを確認します。一人暮らしをしている方は、コンパクトだったり、折り畳みできたりする筋トレ器具がおすすめです。

筋トレ器具を活用してトレーニング効果を高めよう

器具を活用すれば、自宅でのトレーニング効果を高められます。筋トレのバリエーションも増えるため、飽きずに運動を続けられます。

筋トレ器具を選ぶ際には、鍛えられる部位を確認しましょう。例えば、腹筋であれば、腹筋ローラーやバランスボールなどがおすすめです。

併せて、トレーニンググッズの価格やサイズなどをチェックします。エアロバイクや懸垂器具など、ある程度大きさのある器具は、自宅に置けるスペースがあるのかを確認しておきましょう。

なお、筋トレ効果を高めるには、正しいフォームで行うことが大切です。パーソナルジムに通うことで、トレーナーがフォームの指導や筋トレ器具の使いをアドバイスをしてくれます。

早く確実に引き締まった体を目指すなら、パーソナルトレーニングジムのティーバランス(T-BALANCE)がおすすめ! 業界最安値で、月2回から無理なく続けられるのが特徴です。モデル御用達のジムで、憧れのボディをゲットしませんか?
無料カウンセリングはこちらから!

Recommended