パーソナルトレーニング・プライベートジム ティーバランストレーニング店
営業時間7:00-23:00
TOP 投稿 広背筋をダンベルで鍛える方法5選!効果が出やすいポイントも徹底解説

広背筋をダンベルで鍛える方法5選!効果が出やすいポイントも徹底解説

2021/05/15
    広背筋をダンベルで鍛える方法が知りたい…。
    ダンベルで鍛える時のポイントはある?

    広背筋は、腕から背中の中央、骨盤にかけて付着している大きな筋肉。「逆三角形のたくましい肉体」や「クビレのある腰」を作るためには、広背筋のトレーニングが必要不可欠。

    とはいえ、広背筋トレーニングは正しいフォームやポイントを抑えたうえで取り組まなければ、筋トレ効果が得られにくい部位です。自重で鍛えるのが難しいので、ダンベルを活用するのがおすすめ。

    そこで今回は、

    • ダンベルを用いた広背筋トレーニング
    • ダンベルで広背筋を鍛えるメリット
    • ダンベルで広背筋を鍛える時のポイント

    を解説していきます。

    これからダンベルで広背筋を鍛えていきたいと考えていた方は、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

    早く確実にトレーニングの成果を出したいなら、パーソナルトレーニングジムのティーバランス(T-BALANCE)がおすすめ。業界最安クラスの通いやすい価格で、理想のボディを目指しませんか?

    無料体験では、食事やトレーニングのアドバイスも受けられるので、ぜひご活用ください!



     

    ダンベルを用いた広背筋トレーニング5選

    ダンベルを用いた広背筋トレーニングは以下の5つです。

    1. ワンハンドロウ
    2. ダンベルベントオーバーロウ
    3. ダンベルプルオーバー
    4. ダンベルデッドリフト
    5. ダンベルリバースフライ

    ダンベルを用いた広背筋の鍛え方には様々なバリエーションがあります。様々なトレーニングを組み合わせて行えば、広背筋への負荷のかかり方を変わるためより効果を発揮できるでしょう。

    【筋トレ1】ワンハンドロウ

    ワンハンドロウは、ベンチや椅子を使って行うダンベルトレーニング。動作がシンプルで重い負荷を扱いやすい点から、初心者でも取り組みやすいでしょう。

    ワンハンドロウの手順は以下の通り。

    1. 足を肩幅に広げて、椅子やフラットベンチに片手と片膝を乗せる
    2. 上体を前に倒したまま、反対の手でダンベルを持ち腕を伸ばす
    3. ダンベルを持った手をお腹へ向かって引く
    4. 引いた手を伸ばし、引き上げる動作を繰り返す
    5. 2〜4を左右各10回×3セット行う

    体を支えた状態で行うため、動作を安定させやすい特徴があります。

    なお、ダンベルを引き上げた腕の角度は90度になるよう意識してください。動作中に首や背中が丸まらないように、少し胸を張った状態で行いましょう。

    【筋トレ2】ダンベルベントオーバーロウ

    ダンベルベントオーバーローイングは、片手でダンベルを持つワンハンドローイングと動作が似ていますが、動作姿勢や両手でダンベルを持つ点が異なります。

    ダンベルベントオーバーロウの手順は、以下の通り。

    1. 足を肩幅に広げ膝を軽く曲げる
    2. 上体を前に倒して両手にダンベルを持つ
    3. 肘を曲げながらダンベルを脇腹に引きつける
    4. 引きつけた腕を伸ばし動作を繰り返す
    5. 2〜4を15回×3セット行う

    なお、ダンベルを引きつける時は、肩甲骨をしっかり引き寄せるのがポイントです。肩甲骨の引き寄せが少なければ、ダンベルの負荷が腕に逃げるため広背筋に効かせられません。

    【筋トレ3】ダンベルプルオーバー

    ダンベルプルオーバーは、肘を曲げるか伸ばすかによって「大胸筋」と「広背筋」をそれぞれ鍛えられるトレーニング。

    ダンベルプルオーバーの手順は以下の通り。

    1. フラットベンチに仰向けになる
    2. ダンベルを両手で持ち胸の前に構える
    3. 肘を伸ばしたまま、頭方向へ降ろす
    4. 元の位置にゆっくり戻し、動作を繰り返す
    5. 2〜4を10回×3セット行う

    ダンベルプルオーバーは、肘をまっすぐ伸ばしたまま行うのがポイントです。動作中は、背中が伸びていると感じる範囲まで下ろし、腕の可動域を大きく使いましょう。

    他の筋トレ種目に比べダンベルのコントロールが難しいため、動作や負荷に慣れるまでは軽めの重量から始めましょう。

    肩関節の固い方は、トレーニング前に入念なストレッチを行い、痛みが出ない範囲で取り組んでくださいね。

    【筋トレ4】ダンベルデッドリフト

    ダンベルデッドリフトは、膝の軽い屈伸運動も加わるため、広背筋を始め大臀筋(お尻)やハムストリングス(太腿裏)も同時に鍛えられるトレーニング。正しいフォームで行わなければ特に腰を痛めやすい種目です。一つひとつの動作をしっかり確認しながら取り組みましょう。

    ダンベルデッドリフトの手順は以下の通り。

    1. 足を肩幅に広げ両手でダンベルを持つ
    2. 胸を張ったまま前傾姿勢をとる
    3. 膝を軽く曲げダンベルを下ろす
    4. ダンベルを太ももに沿わせて引き上げる
    5. 2〜4を15回×3セット行う

    ダンベルを引き上げる時は、肩を上げないことがポイントです。腕の可動域を広げるイメージで、胸を張り肩甲骨を寄せるように腕を引き上げましょう。

    なお、腰や膝関節に負担をかけないように、

    • 背中を丸めない
    • 膝が爪先より前に出ない

    といった点に注意して安全に取り組んでくださいね。

    【筋トレ5】ダンベルリバースフライ

    ダンベルリバースフライは、前傾姿勢で腕を外に広げ広背筋や僧帽筋を鍛えるトレーニング。

    ダンベルリバースフライの手順は以下の通り。

    1. 両手でダンベルを持ち前傾姿勢をとる
    2. 肘を伸ばしたままダンベルを胸の前で構える
    3. 肩甲骨を寄せながら腕を外側へ開く
    4. スピードを緩めながらダンベルを下ろす
    5. 2〜4を10回×3セットで行う

    なお動作中は、肘を固定させることがポイントです。肘を曲げたり伸ばしたりした状態で動作を行うと、負荷が分散して広背筋にピンポイントで効かせられません。

    背筋の仕上げトレーニングに適した種目であり、高重量で追い込むトレーニングではないので注意しましょう。

    そもそも広背筋ってどんな筋肉?

    広背筋は、腕から背中の中央、骨盤にかけて付着している大きな筋肉。厳密には、上部・下部に部位分けされますが、物理的に分かれているわけではありません。

    広背筋の主な作用は、

    • 腕を後ろへ引く
    • 脇を閉める
    • 腕を内側へ回旋する

    などです。例えば、ドアノブを引く動作や脇にものを挟む動作は、主に広背筋によって行われます。

    なお、背中における筋肉は主に広背筋・僧帽筋・脊柱起立筋の3つに分けられます。逆三角形の引き締まった身体を手に入れるためには、特に広背筋のトレーニングが欠かせません。

    広背筋はついている範囲が広いので、美しいシルエットを手に入れるためには複数のトレーニングを組み合わせて全体をバランスよく鍛えていきましょう。

    ダンベルなら広背筋を効率的に鍛えられる

    広背筋を鍛える方法は、自重トレーニングやマシン、バーベルやダンベルなど様々です。中でもダンベルを用いたトレーニングは、広背筋を効率よく鍛えられるのがメリット。

    というのもダンベルトレーニングは、広い可動域で行うため広背筋にストレッチがかかりやすいから。筋肉は、長く伸びた状態で収縮するほど筋肥大を誘発するのです。

    つまり、ダンベルは低負荷でも広背筋にしっかり効かせられるということ。

    さらにダンベルは、両手でのみ扱うバーベルと違い、胴体部にバーが当たって動作が途中で止まることがないため、初心者でも筋トレが行いやすいです。

    そのため、初心者でもフォームが崩れにくく怪我のリスクが下げて取り組めるでしょう。

    とはいえダンベルトレーニングは、マシンやバーベルと比べ高重量を扱いにくい側面もあります。より強靭な肉体を作り上げたいという方は、目的に応じてトレーニング方法を使い分けるのがベストですね。

    ダンベルで広背筋を鍛える3つのメリット

    ダンベルで広背筋を鍛えるメリットは以下の3つです。

    メリット

    1. 逆三角形の体型を目指せる
    2. 肩こりを解消させやすい
    3. 姿勢が改善しやすい

    順番に解説していきますね。

    【メリット1】逆三角形の体型を目指せる

    広背筋を鍛えると、美しい逆三角形の体型を目指せるでしょう。逆三角形の体型とは、左右の肩と腰のラインを一直線上に結んだときに逆三角形が現れる肉体のこと。

    逆三角形の体型は、たくましく男らしい肉体を演出してくれます。広背筋が引き締まることで結果的にウエストが細く見える効果があるため、女性にとっても嬉しいですね。

    なお、逆三角形の体型を作るためには、

    • 三角筋(肩)
    • 広背筋(背中)
    • 腹斜筋(脇腹)

    などの筋トレが欠かせません。特に背中の左右に大きく広がる広背筋のトレーニングは、逆三角形の体型を作るうえで必要不可欠です。

    「たくましい身体を手に入れたい」「しなやかなクビレが欲しい」という方は、広背筋トレーニングを筋トレ種目に入れておくべきでしょう。

    【メリット2】肩こりを解消させやすい

    広背筋を鍛えると、筋肉の血流が良くなるため肩こりを解消させやすいでしょう。

    そもそも肩こりとは、肩の筋肉が疲れている状態を指します。筋肉に力が入った状態が長時間続くほど、肩の筋肉は疲労し血流が悪くなり、肩こりが起こるのです。

    ダンベルを用いた広背筋トレーニングは、広い可動域で動作を行います。結果的に、広背筋にストレッチを効かせられるので、血流の改善に効果的です。

    広背筋は、肩関節の動作に作用する筋肉です。無意識に肩全体に力が入っていると凝り固まりやすいため、肩こりの酷い場合は広背筋のストレッチを組み合わせてみてくださいね。

    【メリット3】姿勢が改善しやすい

    広背筋を鍛えると、姿勢を改善しやすいメリットがあります。

    というのも、広背筋の作用のひとつは背筋を伸ばす動作だから。広背筋は、主に肩関節の動きに作用しますが、背筋を伸ばしたり骨盤を引き上げたりする役割も果たします。

    長時間のデスクワークやスマホの長時間使用をしている方は、知らず知らずの内に広背筋が衰えて背中が丸まった猫背になっているかもしれません。

    美しい姿勢は、人に与える印象も大きく変わります。広背筋を鍛えて、整った姿勢を手に入れましょう。

    ダンベルで広背筋を鍛えるときのポイント4つ

    ダンベルで広背筋を鍛えるときのポイントは、以下の4つです。

    1. できるだけ腕と肩の筋肉を使わない
    2. 正しいフォームを心がける
    3. 筋肉量に合ったダンベル重量を選ぶ
    4. 複数のトレーニングを組み合わせる

    ポイントを抑えて、より効果的に広背筋のトレーニングを行ましょう。

    【ポイント1】できるだけ腕と肩の筋肉を使わない

    広背筋を狙って鍛えるなら、できるだけ腕と肩の筋肉を使わないように意識しましょう。

    肩や腕の筋肉が同時に作用すると、広背筋の筋トレ効果が期待できません。どんなに頑張って継続しても「広背筋に全然効いてなかった…」となれば、今までの努力が水の泡…。

    鍛えたい部位を効率的に鍛えるなら、正しい知識やフォームが欠かせないでしょう。

    そもそも広背筋は、肩や腕にほぼ同じ作用を持つ筋肉(上腕三頭筋・三角筋後部など)があるため、単独で動かすのが難しい筋肉です。

    広背筋を動かす感覚が掴みにくい方は、

    • 肘を後ろに引く
    • 肩甲骨を寄せる

    といったポイントを意識してみてください。

    【ポイント2】正しいフォームを心がける

    広背筋を鍛える時は、正しいフォームを心がけましょう。

    間違ったフィームでダンベルを持ち上げると、腰や膝に負担がかかり、腰痛や怪我の原因を引き起こす可能性があります。

    ダンベルを用いて広背筋を鍛える場合は、

    • 腰を反らせすぎない
    • 腰を丸めない
    • ダンベルを体から遠ざけすぎない

    といった点を意識しましょう。

    トレーニング中は、肩甲骨を引き寄せ、適度に胸を張った姿勢を心がけてくださいね。

    【ポイント3】筋肉量に合ったダンベル重量を選ぶ

    広背筋を鍛える時は、自分の筋肉量に合ったダンベル重量を選びましょう。

    ダンベルの重量は、重すぎてもフォームが崩れてしまいますが、軽すぎても筋肉に適度な負荷がかけられません。

    ダンベルで筋トレを行う時は、以下の重さを目安に選んでみてください。

    • 男性:5〜10kg(片方)
    • 女性:3〜7kg(片方)

    ただし最適なダンベル重量は、トレーニング内容や目標体型、筋肉量に応じて異なります。最初は無理のない重量からスタートして、徐々に負荷量を調整していきましょう。

    【ポイント4】複数のトレーニングを組み合わせる

    広背筋を鍛える時は、複数のトレーニングを組み合わせましょう。

    広背筋の作用は、腕を後ろへ引く動作だけでなく、肩を水平方向へ引く動作など様々です。そのため、ひとつのトレーニングを繰り返しても広背筋全体をバランスよく鍛えられません。

    広背筋トレーニングを行う時は、

    • 腕を前後に動かす動作
    • 腕を上下に動かす動作

    などに分類し筋トレに励みましょう。

    ダンベルを使った広背筋トレーニングで逆三角形の体を手に入れよう!

    ダンベルを使った広背筋トレーニングは、自分に合った負荷をかけられるため、初心者でも安全に効率よく筋力アップを目指せるでしょう。

    とはいえ、広背筋トレーニングは間違ったフォームで行うと、筋トレ効果が得られないうえ怪我の原因になりかねません。

    ダンベルで広背筋トレーニングを行うなら、

    1. 正しいフォームで行う
    2. 筋肉量に合ったダンベル重量を選ぶ
    3. 複数のトレーニングを組み合わせる

    といったポイントに注意して取り組みましょう。

    広背筋を鍛えるうえでのポイントを最低限抑えて、理想の身体を手に入れてくださいね!

    Recommended

    New