TOP ブログ ライザップでリバウンドする3つの原因【6つのコツを意識して体型を維持しよう】

ライザップでリバウンドする3つの原因【6つのコツを意識して体型を維持しよう】

2020/12/14
  • ダイエット・ボディメイク

ライザップってリバウンドしてしまう心配はないの…?
せっかく高いお金を払うんだし、リバウンドしないためのコツがあれば知りたい…。

あなたもこのような悩みを抱えてはいませんか?「結果にコミット」でお馴染みのライザップですが、リバウンドの可能性はゼロではありません。せっかく理想のボディを手に入れても、元通りになってしまっては台無しですよね。

ライザップ終了後はダイエットを意識した食生活を送ったり、適度にトレーニングを行ったりと、体型を維持していく努力が必要不可欠でしょう。

そこで今回は、ライザップ終了後にフォーカスして、

  • リバウンドする原因3つ
  • リバウンドを防ぐ6つのコツ
  • 卒業後に一人でできるトレーニング

を紹介していくので、ぜひあなたのボディメイクに活かしてみてください。

理想の体型に近づくなら、マッスルデリがおすすめ。レンジでチンするだけで、高タンパクで栄養バランスの取れた食事が簡単に食べられます。

なりたい体型別の4つのプランがあるので、誰でもお手軽に理想のボディが手に入ります!



 

ライザップのリバウンド率は驚異の7%!?


公式サイトによると、ライザップでリバウンドしてしまった人の割合は、業界でも低水準の「7%」です。

そもそもリバウンドとは、ダイエット終了後に再び体重が増加してしまうこと。リバウンドするほとんどの原因は、減量前の生活に戻してしまうからです。

しかし、ライザップでは、

  • 目的に合った効果的なトレーニング
  • 徹底した食事管理

を行うため、短期間で効果を得やすいうえ、自分に合ったダイエット法が身に付きます。なので終了後も無理なく継続でき、リバウンドを防げるんですね。

では、なぜライザップに挑戦した7%の人がリバウンドしてしまうのでしょうか。まずはその原因を探っていきましょう。

ライザップ終了後にリバウンドする原因3つ

ライザップ終了後にリバウンドする原因として、以下の3つが挙げられます。

  1. 食事制限ができない
  2. 一人でダイエットの管理ができない
  3. ライザップがダイエットのゴールになっている

具体的に解説してくので、チェックしてみてください。

原因1: 食事制限ができない

ライザップで行った食事制限を継続せずに、いきなりダイエット前の食生活に戻せば、すぐにリバウンドします。

ライザップのプログラム期間はおよそ2ヶ月。期間中は専門トレーナーによる徹底した食事管理・指導が行われますが、終了後は自分で管理しなければなりません。

せっかくライザップで減量に成功しても、終了後の食事管理を怠れば、当然体重は増加してしまいますよね…。

ライザップでリバウンドを防ぐなら、プログラム終了後も食生活の見直しが必要でしょう。

原因2:一人でダイエットの管理ができない

ライザップでは、専属のトレーナーがついて食事やトレーニングを指導してくれますが、プログラムが終了したら全て自分で管理しなければなりません。

一人で管理するのはなかなか難しいものの、ダイエットを成功させるためには、トレーニングや食事管理の継続が必要不可欠です。

ライザップ終了後のリバウンドを防ぐなら、プログラム期間中にしっかりと知識を身に付け、トレーナーに教えてもらった方法でダイエットを継続していきましょう。

原因3:ライザップがダイエットのゴールになっている

ライザップは短期間で結果が出やすいですが、ダイエットは継続が必要不可欠です。

なので、「ライザップで痩せられたからダイエットは成功!」というような考えは危険。プログラムが終わった後にリバウンドする確率が非常に高くなるでしょう。

どんなに素晴らしい方法でダイエットに成功しても、継続しない限りリバウンドしてしまいます。

ライザップはダイエットの知識や習慣を身に付けるためのプログラムであり、決してゴールではないことを認識しておきましょう。

ライザップ終了後にリバウンドを防ぐコツ6つ

次に、ライザップ終了後にリバウンドを防ぐためのコツを6つ紹介します。

  1. 新たなダイエットの目標を設定する
  2. 食事のサポートを専門家に依頼する
  3. トレーニングを行うスケジュールを明確に決める
  4. 摂取カロリー<消費カロリーを意識する
  5. PFCバランスを意識した食生活を心がける
  6. 筋トレで基礎代謝を維持する

せっかく手に入れた理想的なボディを維持するため、しっかりチェックして取り組んでいきましょう。

コツ1:新たなダイエットの目標を設定する

ライザップ終了後にも新たな目標を設定しておけば、ダイエットの継続につながり、リバウンドを防げます。

ライザップでは、プログラム開始前に立てた目標の達成をサポートしてもらえるので、短期間でも効果が出やすいです。しかし、プログラムが終了しても、ダイエットに終わりはありません。

体脂肪率や体重など、数字を明確化した新しい目標を設定し、継続的なダイエットを行っていきましょう。

コツ2:食事のサポートを専門家に依頼する

ライザップ終了後の食生活で失敗したくないのであれば、ダイエット専門の栄養士やトレーナーに引き続き食事管理を依頼するのも一つの手です。

ライザップでリバウンドを防ぐなら終了後もある程度の食事管理が必要ですが、食に関する知識が貧しいと「自分だけでは難しい…。」と感じてしまうのではないでしょうか。

そんな方は食事管理を専門家に依頼してみましょう。最近ではオンラインでアドバイスをもらえるサービスも普及しているので、心配な方は活用してみてください。

コツ3:トレーニングのスケジュールを明確に決める

プログラム終了後は、トレーニングのスケジュールを明確にして継続につなげましょう。

リバウンドしない身体を作るなら、ライザップ終了後も適度な運動が必要不可欠です。

ライザップでは週に2回のトレーニング日が決まっているので、終了後もそのまま続けて習慣化してみてください。

コツ4:摂取カロリー<消費カロリーを意識する

ダイエットでリバウンドを防ぐなら、食事は摂取カロリーが消費カロリーを上回らないように注意しましょう。

いくら運動や食事制限を頑張ったとしても、摂取カロリーが多ければ当然痩せられません。

なお、運動別の消費カロリーは以下の通りです。※体重60キロの場合

メニュー消費カロリー
ジョギング30分約210キロカロリー
ウォーキング30分約90〜105キロカロリー
ランニング30分約270キロカロリー
クロール30分約250キロカロリー
サイクリング30分約240キロカロリー

意識的にカロリーを調節し、リバウンドを防ぎましょう。

コツ5: PFCバランスを意識した食生活を心がける

身体に優しく効率の良いダイエットを行うためには、PFCバランスを意識しましょう。

【PFCとは?】

  • P(protein/タンパク質):1g=4kcal
  • F(Fat/脂質):1g=9kcal
  • C(Carbohydrate/炭水化物):1g=4kcal

PFCバランスは三大栄養素における摂取カロリーの割合を示したもの。厚生労働省が推奨しているバランスはP:F:C=6:2:2

ライザップで目標体重を達成し、糖質制限を緩めた後も栄養素のバランスに注意しましょう。

なお、PFCバランスを意識したおすすめの食事例は以下の通りです。

【おすすめの朝食メニュー】

  • 玄米
  • 鮭の塩焼き
  • 豆腐とわかめの味噌汁
  • 白菜の漬物
  • ヨーグルト
  • バナナ

朝食では、しっかりと炭水化物(お米)を取り入れ、エネルギーをチャージしましょう。

【おすすめの昼食メニュー】

  • おにぎり2個(鮭、梅、昆布、たらこがおすすめ)
  • サラダチキン
  • ゆで卵
  • 大根サラダ

昼食では午後のエネルギー源をおにぎりから摂取しつつ、タンパク質を気持ち多めに摂るように意識してみてください。サラダチキンとゆで卵は、ダイエット食の王道です!

【おすすめの夕食メニュー】

  • 十六穀米
  • マグロステーキ
  • 納豆
  • 豆腐とわかめの味噌汁

夕食後はエネルギーを消費する場面が少ないので、炭水化物の摂取量は控えめにしましょう。タンパク質が足りないときは、プロテインで代用するのもOKです。

マイプロテインならば様々なフレーバーがあるので、好みに合わせて選べます。甘いものが多いので、おやつを食べたくなったときの代わりにもぴったりです!

コツ6:筋トレで基礎代謝を維持する

筋トレをすれば基礎代謝を維持できるので、リバウンドを防げるうえ、太りにくく痩せやすい身体を作れます。

ライザップのトレーニングでは、代謝を高めるために必要な筋肉を鍛えて一気に痩せることを目指します。

プログラム終了後も運動を続けなければ、筋肉が落ちるにつれて基礎代謝も下がるので、太りやすく痩せにくい身体にもなりかねません。

ライザップで高めた基礎代謝を維持するために、筋トレも継続的に行っていきましょう。

ライザップ終了後に1人で取り組めるトレーニング3選


最後に、ライザップ終了後の体型維持におすすめなトレーニングメニューを、3つ紹介します。

  1. スクワット
  2. フロントブリッジ
  3. クランチ

なお、上記のトレーニングを行う目的は、ライザップで高めた基礎代謝を維持すること。身体の中でも特に大きな筋肉である下半身や背筋・腹筋を鍛え、体型維持につなげましょう。

トレーニング1:スクワット

スクワットは、身体のなかで大きな部位である太ももを鍛えるトレーニング。

太ももには、

  • ハムストリングス(もも裏)
  • 大腿四頭筋(もも前)

という筋肉があり、スクワットではこれらを重点的に鍛えていきます。また、お尻の筋肉にも効果があるので、ヒップアップ効果も!

【 スクワットのやり方 】
足を肩幅より少し開き、膝が前に出ないようにゆっくり腰を下ろしていく。

なお、スクワットのポイントは、椅子に座るようにして前を向きながら腰を下ろすこと。

場所を問わずいつでも取り組めるうえ、基礎代謝の維持には最も効果的なので、ぜひ毎日のトレーニングメニューに加えてみてください。

トレーニング2:フロントブリッジ

フロントブリッジは、身体の軸となる背中の筋肉や、体幹を鍛えられるトレーニング。

背中には、

  • 広背筋
  • 僧帽筋
  • 脊柱起立筋

といった大きな筋肉があり、これらを鍛えれば基礎代謝の維持が期待できます。

【 フロントブリッジのやり方 】
腕を肩幅より少し広めに開いて肘をつき、身体を並行にしてキープする。

より綺麗な姿勢をキープするためには、お尻をきゅっと締めることを意識してみましょう。

フロントブリッジは姿勢の改善効果も期待できるので、猫背による肩凝りや首凝りに悩んでいる方にもおすすめです。

トレーニング3:クランチ

クランチは、腹筋のトレーニング。基礎代謝の維持に効果的なうえ、徐々に「くびれ」が出てくるので、引き締まった身体が手に入るでしょう。

【 クランチのやり方 】
寝転んだ状態で膝を90度に曲げ、胸の方に近づけて頭を抱え、膝に肘がつくまでゆっくり身体を起こしていく。

背中を丸めるようにして身体を起こすことで、腹筋により強い負荷をかけられます。

お腹を引き締めて美しいボディラインを目指したいなら、クランチは必要不可欠でしょう。

まとめ:ライザップ終了後も継続してダイエットに取り組もう!

ライザップは、短期間で目標を達成しやすいパーソナルジムですが、プログラム終了後にダイエットをやめてしまえば、すぐにリバウンドしてしまう可能性が高くなります。

ライザップ終了後は、

  • PFCバランスを意識した食事
  • 基礎代謝を維持する筋トレ

の2点を特に意識して、ダイエットを継続してください。

ライザップで学んだことを活かし、理想的なボディを永久に維持していきましょう!

まず痩せる習慣をつけるにはライザップがおすすめ。毎日の食事チェックや個別化されたトレーニングで、だれでもボディメイク成功に導きます!

ライザップのHPはこちら

食事をコントロールしたいけど自炊の時間が取れないなら宅食サービスが便利!

noshはすべての糖質量が1食あたり30g以下!70種類以上のメニューから選べて、レンジでチンして簡単に食べられるので忙しいときにもピッタリ!

マッスルデリはトレーニーにピッタリ!目指す体型に合わせて4つのプランで高タンパク低糖質な食事を摂取

GREEN SPOONは1食置き換えにもおすすめ!具材がゴロゴロ入ったスープで満腹感あり!

Recommended