TOP ブログ おすすめのクレアチン5選!選び方や効果的な摂取方法・タイミングまで徹底解説

おすすめのクレアチン5選!選び方や効果的な摂取方法・タイミングまで徹底解説

2021/10/25
  • 栄養・食事
クレアチンを飲んでトレーニングの負荷を上げたい!
クレアチンの種類が多すぎてどれがいいのかわからない…
何を基準にしたら自分に合う製品を選べるの?

クレアチンは摂取するタイミングが重要なので、サプリメントからの摂取がおすすめです。毎日摂取したい栄養素なので、効果を実感できるだけでなく、飲みやすさや安全性も気にしたいところ。

この記事では、クレアチンを摂取できるサプリメントを徹底的に比較し、おすすめの5製品を厳選しました。なお、製品を選ぶときに重視したポイントは下記の3つです。

  1. 種類
  2. 安全性
  3. 価格

結論から言うと、MYPROTEIN(マイプロテイン)クレアピュア® クレアチンパウダーがおすすめです。

クレアチンを摂取し、筋肉量の増加や筋トレでの耐久力向上などの効果を実感したい方は必見です!

結論だけ先に知りたい人は、クレアピュア® クレアチンパウダーがおすすめ。クレアピュア® クレアチンパウダーは安全性が優れているだけでなく、効果の高さも評価されています。豊富なフレーバーがあり、飽きずに摂取し続けやすいのもメリットです。

安全かつ高純度のクレアチンを摂取して、理想の体型を手に入れましょう。

おすすめのクレアチン5選

数多く存在するクレアチンの中でも、特におすすめの5製品を紹介します。まずは、それぞれの価格と内容量をチェックしましょう。

メーカー製品名価格(内容量)
MYPROTEIN(マイプロテイン)クレアピュア® クレアチンパウダー3,090円(250g)
4,990円(500g)
be LEGEND(ビーレジェンド)クレアチン2,480円(300g)
6,980円(1kg)
BULKSPORTS(バルクスポーツ)クレアチン1,944円(200g)
3,086円(500g)
5,658円(1kg)
GOLD’S GYM(ゴールドジム)クレアチンパウダー3,456円(300g)
5,184円(500g)
MYPROTEIN(マイプロテイン)クレアピュア®微粒子化クレアチン カプセル3,090円(120カプセル)

それでは、製品ごとに詳しく見てみましょう。

製品を比較しやすいように、クレアチン3000mgあたりの価格も記載しているので、参考にしてみてください。

1. MYPROTEIN(マイプロテイン) クレアピュア® クレアチンパウダー

メーカーMYPROTEIN(マイプロテイン)
製品名クレアピュア® クレアチンパウダー
価格(内容量)3,090円(250g)
4,990円(500g)
クレアチン3000mgあたりの価格約37円
特徴
  • 安全性が高い
  • 効果の高さが評価されている
  • 豊富なフレーバー

MYPROTEIN(マイプロテイン)のクレアピュア®クレアチンパウダーは、安全性と効果の高さが評価されています

世界的に評価されている「クレアピュア®」というブランドのクレアチンを使用しているのが特徴です。クレアチンの含有率が高く、ノンフレーバーなら100%、フレーバー付きでも約90%となっています。

また、下記のようにさまざまなフレーバーを楽しめるので、飽きずに摂取し続けやすいでしょう。

  • ノンフレーバー
  • レモン&ライムフレーバー
  • オレンジフレーバー
  • スイカフレーバー

小さいサイズの製品を複数購入し、毎日ちがった味を楽しむのもおすすめです。

2. be LEGEND(ビーレジェンド)クレアチン

created by Rinker
¥2,600 (2021/12/07 00:44:56時点 楽天市場調べ-詳細)
メーカーbe LEGEND(ビーレジェンド)
製品名クレアチン
価格(内容量)2,480円(300g)
6,980円(1kg)
クレアチン3000mgあたりの価格約25円
特徴
  • 安価で続けやすい
  • 安全性が評価されている
  • 日本のブランド

be LEGEND(ビーレジェンド)のクレアチンは、価格が優れています。クレアチンは毎日摂取したい栄養素なので、価格が安い方が続けやすいでしょう。

be LEGENDは、奈良県に本店を構えるサプリメントブランドなので、「日本製のものが安心できる」という方にもおすすめです。

こちらのクレアチンは、300gと1kgの2種類が展開されていて、内容量が大きい方がお得に購入できます。

3. BULKSPORTS(バルクスポーツ)クレアチン

メーカーBULKSPORTS(バルクスポーツ)
製品名クレアチン
価格(内容量)1,944円(200g)
3,086円(500g)
5,658円(1kg)
クレアチン3000mgあたりの価格約30円
特徴
  • 安価で続けやすい
  • 日本のブランド
  • 3種類のサイズから選べる

BULKSPORTS(バルクスポーツ)のクレアチンは、下記の3種類のサイズから選べます。

  • 200g
  • 500g
  • 1kg

クレアチンを初めて摂取する方は、200gの製品から購入するのがおすすめです。小さいサイズの製品を試してみて気に入ったら、次回以降の購入は大容量の製品にしましょう。

こちらの製品は、大きなサイズのコスパが優れています。3000mgのクレアチンを摂取する場合、200gの製品は約30円、1kg入りなら約17円なので、大きいサイズの方が10円以上もお得になりますよ

また、大容量の製品はクレアチンが袋に入っているので、プラスチックの容器よりも処分しやすいのが嬉しいポイントです。

4. GOLD’S GYM(ゴールドジム)クレアチンパウダー

メーカーGOLD’S GYM(ゴールドジム)
製品名クレアチンパウダー
価格(内容量)3,090円(250g)
4,990円(500g)
クレアチン3000mgあたりの価格約35円
特徴
  • 安全性が高い
  • 日本で製造
  • アスリートが摂取し効果を検証

GOLD’S GYM(ゴールドジム)のクレアチンパウダーは、安全性の高さが評価されています。厳選された原材料が使われているだけでなく、日本国内の工場で厳しい検査・管理の下で生産されているので、安心して摂取できます。

トップアスリートに製品を摂取してもらい、モニタリングと検証を繰り返し、効果があるものだけが販売されるようになっています。価格は高めですが、安全面を重視したい方は購入を検討してみてください。

5. MYPROTEIN(マイプロテイン)クレアピュア® 微粒子化クレアチン カプセル

出典:MYPROTAIN公式サイト

メーカーMYPROTEIN(マイプロテイン)
製品名クレアピュア® 微粒子化クレアチン カプセル
価格(内容量)3,090円(120カプセル)
クレアチン3000mgあたりの価格約63円
特徴
  • カプセルタイプ
  • 手軽に摂取できる
  • パウダーより高価

MYPROTEIN(マイプロテイン)のクレアピュア® 微粒子化クレアチン カプセルは持ち運びやすく、どこでも手軽に摂取できます。荷物をできるだけ減らしたい方やパウダーのクレアチンが苦手な方は、カプセルタイプの製品がおすすめです。

ただし、パウダータイプよりも価格が高くなってしまうのが難点です。価格よりも手軽さを重視する方は、カプセルのクレアチンを検討しましょう。

そもそもクレアチンとは?

クレアチンとは、体内で合成される非必須アミノ酸の一種です。主に筋肉に蓄えられている栄養素で、食事からの補給も可能です。

しかし、トレーニングを行うとクレアチンの消費量が高まるので、食事からの摂取だけでは足りなくなってしまいます。また、クレアチンはいつ摂取するかが重要なので、サプリメントからの摂取がおすすめです

クレアチンの主な効果を下記に示します。

  • 筋肉量の増加
  • 高負荷トレーニングでの耐久力向上
  • 筋肉疲労の緩和
  • 筋肉の回復促進

適切な方法でクレアチンを摂取すると効率よく筋肉に蓄えられ、トレーニング時に十分なパフォーマンスを発揮できること間違いなしです。トレーニングをしている方に積極的に摂取してほしい栄養素なので、ぜひサプリメントの購入を検討してみてください。

クレアチンを選ぶときのポイント3つ

クレアチンを選ぶときに重視してほしいポイントは、下記の3つです。

  1. 種類
  2. 安全性
  3. 価格

どれを最も重視したいか、あらかじめ優先順位を決めておくと選びやすいです。それでは、順番に説明していきます。

1. 種類

クレアチンは、下記のように5種類あります。

  • モノハイドレート
  • ハイドロクロライド
  • バッファード
  • マレート
  • ナイトレート

その中で、安全性と効果が科学的に証明されているのはモノハイドレートです。製品の数も非常に多いので、まずはモノハイドレートから試し、合わなかったら他の種類を検討してみてください。

2. 安全性

クレアチンは口から体内に入れるのもなので、安全性も重視したいですよね。安全面を考えるなら、クレアピュア®」というブランドのクレアチンがおすすめです。

クレアピュア®はドイツで製造されているクレアチン・モノハイドレートで、世界的に品質の高さが評価されています。 この記事で紹介した製品には、どれもクレアピュア®が使用されているので、クレアチンの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

3. 価格

クレアチンを毎日摂取し続けるには、価格も重要です。

先ほどおすすめしたクレアチン・モノハイドレートは、価格面も優れています。安全性と効果が証明されているだけでなく、価格面も優れていることから、トレーニーの中でも人気の種類です。

ただし、モノハイドレートの中でも、クレアピュア®のクレアチンを使用している製品は価格が高めになってしまいます。 もし、価格が気になる方は、他の製品を購入するのもいいでしょう。

クレアピュア®の安全性や効果が世界的に評価されているからといって、他の製品の品質が粗悪というわけではないです。 自分なりの予算を決め、購入する製品を選んでみてくださいね。

クレアチンの摂取方法

クレアチンの摂取方法は、下記の2種類です。

  1. ローディングあり
  2. ローディングなし

ローディングする方法としない方法のどちらにもメリットがあるので、自分に合っていそうな方から試してみてください。それぞれの方法を順番に説明していきます。

1. ローディングあり

ローディングすると、体内のクレアチン量を短期間で増やせます。クレアチンローディングとは、多量のクレアチンを数日間摂取し、体内の貯蔵量を急速に増やす方法です。

具体的には、下記の手順で行います。

  1. 1日に20gのクレアチンを5日~7日間摂取する
  2. その後、1日に2g〜5gのクレアチンを継続摂取する

ローディングありの摂取方法は、体質等により合わないことがあります。もし、腹痛や下痢が生じるなどの異変を感じた場合は、ローディングを行わない方法がおすすめです。

2. ローディングなし

ローディングをせずに、ゆっくりとクレアチン量を増やしていく方法もあります。 毎日クレアチンを3gずつ摂取するだけなので、取り組みやすいのがメリットです。

お腹が痛くなるリスクも小さく、体に負担がかかりにくいのも嬉しいポイントです。特に元から胃腸が弱い方は、ローディングをしない方法がおすすめです。

体内のクレアチン量の増加スピードは遅くなってしまいますが、1ヶ月ほど継続摂取したら、ローディング後と同等のレベルになると言われています。

おすすめの摂取タイミング

クレアチン摂取におすすめのタイミングは、下記の通りです。

  1. トレーニング後
  2. 食後

なぜこのタイミングがおすすめなのかも含めて解説していきます。

1. トレーニング後

クレアチンは、トレーニング後に摂取しましょう。運動後は血流がよくなっているので、そのタイミングに摂取すると、素早くクレアチンを筋肉に届けられます。

クレアチンは、血糖値が高まると分泌されるインスリンというホルモンの作用で筋肉に取り込まれるので、糖質と一緒に摂取するのがおすすめです。糖質は血糖値を上げやすい栄養素なので、クレアチンとの相性は抜群ですよ。

2. 食後

食後もクレアチン摂取におすすめです。食事を取ると血糖値が上がってインスリンが分泌されるので、クレアチンが筋肉に取り込まれやすくなります。

トレーニングを休む日や1回の摂取で1日分の量を満たせない場合は、トレーニング後だけでなく、食後にもクレアチンを摂取してみてください。

クレアチンを摂取して筋肉を育てよう

クレアチンを摂取すると、筋肉量の増加や筋トレでの耐久力向上などの嬉しい効果を期待できます。クレアチンの効果を実感するには、正しいタイミングでの継続摂取が重要です。

クレアチンを選ぶときは、下記のポイントを重視しましょう。

  • 種類
  • 安全性
  • 価格

製品の種類が多すぎて悩んでいる方は、クレアピュア® のクレアチンを使用している製品から試すのがおすすめです。

クレアチンを摂取して、かっこいい体型を目指しましょう。

とはいえ、そもそも筋トレの正しい知識を身につけて効率的に体を変えたい方もいると思います。

そんな方は、パーソナルジム がおすすめです。プロから筋トレや食事の知識を教えてもらえるので、理想の体まで最短ルートで到達できます。

早く確実に引き締まった体を目指すなら、パーソナルトレーニングジムのティーバランス(T-BALANCE)がおすすめ! 業界最安値で、月2回から無理なく続けられるのが特徴です。モデル御用達のジムで、憧れのボディをゲットしませんか?
無料カウンセリングはこちらから!

Recommended