TOP ブログ 【プロが厳選】ケトルベルのおすすめ15選!選び方のポイントやトレーニングを紹介

【プロが厳選】ケトルベルのおすすめ15選!選び方のポイントやトレーニングを紹介

2021/10/25
  • トレーニング

「ケトルベルを購入したいけど、どれを選べばいい?」
「ケトルベルを選ぶ際には、何に注目したらいいの?」
「ケトルベルを使ったトレーニングを知りたい!」

このようなお悩みを抱えていませんか?

ケトルベルは、体幹強化や柔軟性向上の効果が見込めるトレーニングアイテムです。トレーニングのバリエーションを増やしたいと考え、購入を検討している方も多いと思います。

しかし、ケトルベルには様々な種類があり、どれを選べばいいか迷っている方が多いのではないでしょうか。そこで本記事では、プロのトレーナーが厳選した、おすすめのケトルベルを15点紹介します

選定ポイントは、以下の4つです。

  1. 重量
  2. ハンドルの握りやすさ
  3. 固定式・可変式
  4. 表面のコーティング

ケトルベルを使ったおすすめのトレーニングも紹介しているので、ぜひ当コラムを参考にしてみてください。

なお、今すぐおすすめのケトルベルを知りたい方は、

がおすすめです。これらのアイテムは、ハンドルが握りやすくなっていたり、表面にコーティングが施されていたりと、トレーニング初心者でも扱いやすくなっています。

【固定式】おすすめケトルベル12選

固定式のケトルベルは、重さを変えられないタイプです。重量を調節する手間を省け、トレーニングに取り組みやすいのがメリット。重さを変えられる可変式ケトルベルと比較すると、安価な傾向にあります。

固定式のおすすめケトルベルは、主に以下の12点です。

  1. コンペティション ケトルベル
  2. FIELDOOR ケトルベル
  3. IROTEC ケトルベル
  4. Absport ケトルベル
  5. FIELDOOR ウォーターバッグ
  6. ケトルベル魂 カラーダンベル
  7. RIORES ケトルベル
  8. 鉄人倶楽部 ケトルダンベル
  9. ボディスカルプチャー ケトルベル
  10. ISAMI ケトルベル
  11. AKOZLIN ケトルベル
  12. Reebok ケトルベル

それぞれのアイテムの特徴を順番に解説します。

1.コンペティション ケトルベル

コンペティションのケトルベルは、トレーニングが楽しくなりそうな、明るめのカラーが展開されています。重量のラインナップは、4~32kgまでです。

ハンドルは広めに設計されており、握りやすくなっています。

2.FIELDOOR ケトルベル

FIELDOOR ケトルベル 4kg / 8kg / 12kg / 16kg / 20kg / 24kg PVCコーティング 音軽減 キズ防止 体幹トレーニング (イエロー/5kg)

FIELDOORのケトルベルは、4~24kgまで展開されています。

持ち手が細いため、握りやすいことが特徴。初めてケトルベルを使う人でも、安心してトレーニングを行えます。

表面には、PVC加工が施してあり、フローリングなどに置いても傷が付きにくいのがポイントです。

3.IROTEC ケトルベル

IROTECのケトルベルは、表面をラバーコーティングしていることが特徴です。そのため、床を傷つけにくく、置いた際の音を軽減してくれます。

重量は、8~24kgまでラインナップされています。

4.Absport ケトルベル

Absportのケトルベルは、4~28kgまでラインナップされています。丸みを帯びたフォルムが可愛らしく、部屋に馴染みやすいです。

特徴は、ハンドルと本体に繋ぎ目がない、一体成型加工を施していることです。トレーニングを重ねても壊れにくい、頑丈な作りとなっています。

5.FIELDOOR ウォーターバッグ

FIELDOORのウォーターバッグは、水を入れて使用するケトルベルです。中で水が動くことで、体幹にアプローチをかけられるのが特徴。

最大重量は、約14kgです。

6.ケトルベル魂 カラーダンベル

ケトルベル魂のカラーダンベルは、グリップの内側が広めになっているのが特徴です。ケトルベルを振るトレーニングでも、しっかりと両手で握られます。

重量は、4~32kgまでと幅広くラインナップされています。表面はネオプレーン加工を施してあり、フローリングを傷つけにくいです。

7.RIORES ケトルベル

RIORESのケトルベルは、PVCコーティング仕様です。床を傷つけにくく、防音効果が期待できます

重量のラインナップは、4~24kgまでです。

8.鉄人倶楽部 ケトルダンベル

鉄人倶楽部のケトルダンベルは、表面は錆びにくいセメントタイプになっています。重量は、2~12kgまでのラインナップです。

9.ボディスカルプチャー ケトルベル

ボディスカルプチャーのケトルベルは、握りやすいさが魅力的なアイテム。ワイドグリップを採用しており、手にフィットしやすいのが特徴です。

重量は、4~12kgまで展開されています。

10.ISAMI ケトルベル

ISAMIのケトルベルは、4~40kgまで幅広くラインナップされていることは特徴です。通常より太めのグリップを採用しており、強く握ることで握力向上も期待できます

11.AKOZLIN ケトルベル

AKOZLIN ケトルベル グリップケトルベル 2kg 4kg 6kg 8kg 10kg 12kg 14kg 16kg 18kg ブラック Kettlebell ビニールコーティング【握

AKOZLINのケトルベルは、黒をベースとしたシンプルなデザインです。グリップが細めに設計されているため、手のひらが小さい方におすすめ。

重量のラインナップは、2~18kgまでです。

12.Reebok ケトルベル

Reebokのケトルベルは、表面にビニールコーティングが施されています。そのため、床に置いても傷つく心配がありません。

幅広なハンドルで握りやすいのも特徴です。重量は、4~20kgまで展開されています。

おすすめの可変式ケトルベル3選

可変式のケトルベルは、重さを変えられるタイプです。トレーニングや自分のレベルに合わせて、負荷を調整できます。

可変式ケトルベルのおすすめは、以下の3つです。

  1. ANTARES 可変式ケトルベル
  2. Bowflex セレクトテックケトルベル
  3. XEBIO 可変式ケトルベル

各アイテムのおすすめポイントを順番に解説します。

1.ANTARES 可変式ケトルベル

ANTARESの可変式ケトルベルは、3.6~18kgまで重量を変えられます。初心者から上級者まで、幅広く対応していることが特徴です。

プレートを入れ替えることで、好みの重量に調節できます。プレートの着脱は、レバーをスライドするだけで行えます。

2.Bowflex セレクトテックケトルベル

Bowflexのセレクトテックケトルベルは、3.6~18kgまで重量を変えられます。ダイヤルを回すだけで、重さの調節が可能です。

こちらのケトルベルは、長さ22.4cm×幅17.8cm×高さ31.8cmと比較的コンパクト。トレーニングしないときは、収納しやすいのがポイントです。

3.XEBIO 可変式ケトルベル

XEBIOの可変式ケトルベルは、4.5~13.5kgまで重量調節が可能です。ハンドルは広めに設計されており、両手で握りやすくなっています

ケトルベル選びでチェックしたい4つのポイント

ケトルベルと一言でまとめても、販売されている商品は様々です。そのため、どのアイテムを選びか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで本項では、ケトルベル選びでチェックしたいポイントを紹介します。主に、以下の4点です。

  1. 重量
  2. ハンドルの握りやすさ
  3. 固定式か可変式か
  4. コーティング

トレーニング効果を高めるには、自分に合ったアイテムを選択することが大切です。「ケトルベル選びで失敗したくない」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.重量

ケトルベルの重量は、一般的に4~30kgが展開されています。レベル別の重さの目安は、以下の通りです。

  • 初心者の場合
    男性:8~12kg、女性4~6kg
  • トレーニングに慣れている人
    男性:12~20kg、女性6~10kg

無理して重いケトルベルでトレーニングをすると、ケガに繋がります。そのため、筋トレ初心者の方は、特に重量に注意しましょう。

2.ハンドルの握りやすさ

ケトルベルを選ぶ際には、ハンドルの握りやすさをチェックしてみてください。商品によって、ハンドルの太さや内側の広さが異なります。

目安は、握った際に親指と人差し指が触れるか触れないかの位置にあることです。スポーツ用品店で実物が触れるのであれば、試してみることをおすすめします。

3.固定式か可変式か

ケトルベルの種類を大きく分けると、固定式と可変式の2つに分けられます。それぞれの特徴は、以下の通りです。

固定式

  • 重量を調節する手間を省ける
  • 可変式と比較すると価格がリーズナブル

可変式

  • トレーニングの段階に合わせて重量を変更できる
  • 1個購入すればトレーニングの幅が広がる
  • 種類が少ない

固定式はリーズナブルなので、お試し感覚でケトルベルを購入したい方に向いています。一方、可変式は重量調節ができるため、トレーニングを本格的にしたい方におすすめです。

4.コーティング

ケトルベルを選ぶ際には、表面にコーティングがしているものがおすすめです。自宅の床を傷つけにくく、防音効果が期待できるためです。

PVCやポリプロピレンなどで加工されたタイプを選ぶと良いでしょう。

ケトルベルを使ったおすすめトレーニング4選

ケトルベルは、様々なトレーニングで活用できるアイテムです。使い方によっては、全身をまんべんなく鍛えられます。

本項では、ケトルベルを活用したトレーニングを紹介します。主に、以下の4つです。

  1. スイング
  2. クリーン
  3. ワイドスタンスプッシュアップ
  4. ツイストクランチ

各トレーニングについて、やり方を紹介します。

1.スイング

スイングは、お尻や太ももなど、下半身の筋肉を中心に鍛えられるトレーニングです。大きな筋肉を鍛えることで、代謝が上がりダイエット効果が期待できます。

<スイングのやり方>

  1. ケトルベルを両手に持ち、両足を肩幅に開いて立つ
  2. 背筋を伸ばしたまま、上半身を前に倒し、膝を軽く曲げる
  3. 前傾の姿勢をキープしたまま、ケトルベルを両脚の間にくぐらせる
  4. ケトルベルがお尻の下に来たら、前方に移動させる
  5. 10~15回×3セットを目安に行う

ケトルベルを持ち上げる際には、背中や腰を曲げる姿勢にならないよう気を付けましょう。負担が集中してしまい、腰痛の原因に繋がります。

2.クリーン

クリーンは、腕二頭筋を中心に、脚やインナーマッスルなどを鍛えられるトレーニングです。

<クリーンのやり方>

  1. 片手にケトルベルを持つ
  2. 肩幅に足を開いて立ち、ケトルベルを両脚の間に位置させる。
  3. まっすぐ背筋を伸ばして胸を張る
  4. 反動をつけて、ケトルベルを両脚の間から弧を描くようにして持ち上げる
  5. 腰の高さまで来たら肘を曲げ、ケトルベルを胸に引き寄せる
  6. ケトルベルを持った腕を体に寄せる
  7. 両脚の間にケトルベルを下ろす
  8. 10~15回×3セットを目安に行う

クリーンをする際には、ケトルベルを持った腕が常に体の中心を通るように意識しましょう

3.ワイドスタンスプッシュアップ

両手を肩幅以上に取るワイドプッシュアップに、ケトルベルを活用するトレーニングです。ケトルベルがあることで、床に手を直接着けるよりも深く体を下げられます。

ワイドスタンスプッシュアップでは、大胸筋を鍛えられます。

<ワイドスタンスプッシュアップのやり方>

  1. ケトルベルを肩幅よりも少し広めに離して置く
  2. 手首の付け根で支えるようにして、腕立て伏せの形を作る
  3. 胸を床ぎりぎりまで下げていく
  4. 大胸筋と三頭筋の収縮を感じながら、ゆっくりと戻す
  5. 10~15回×3セットを目安に行う

トレーニング中は体を一直線にし、腰を下げないよう注意しましょう。

4.ツイストクランチ

ツイストクランチは、腹斜筋を鍛えられるトレーニングです。

<ツイストクランチのやり方>

  1. 膝を立てるように床に座る
  2. ケトルベルを両手で持つ
  3. 状態を45度くらい後ろに倒す
  4. 片肘が床に着くくらい上体を横に捻る
  5. 10回×3セットを目安に左右交互に行う

体を捻る際には、体の芯がブレないよう意識してみてください

自分に合ったケトルベルを選び、効果的なトレーニングをしよう!

ケトルベルは、体幹強化や柔軟性向上の効果が期待できるトレーニングアイテムです。1つ持っておくことで、自宅でのトレーニングのバリエーションが増えます。

なお、筋トレの効果を高めるには、ケトルベル選びが重要です。自分に合ったものを選択するには、以下4つのポイントをチェックしてみてください。

  • 重量
  • ハンドルの握りやすさ
  • 固定式か可変式か
  • コーティング

自宅のトレーニングをより良いものにし、引き締まった美しい体を手に入れましょう。

この記事でおすすめしたケトルベルは、以下の通りです。

これらのアイテムは、ハンドルが握りやすくなっていたり、表面にコーティングが施されていたりと、トレーニング初心者でも扱いやすいことが特徴です。ケトルベルの購入を考えている方は、ぜひ検討してみてください。

Recommended