TOP ブログ ジム用シューズ15選!使用のメリットと選ぶポイント5つも解説

ジム用シューズ15選!使用のメリットと選ぶポイント5つも解説

2021/10/30
  • トレーニング

ジムに通うことになったけど、どんなシューズを選んだらいいの?

ジム用のトレーニングシューズを買おうと検索したものの、種類が豊富で迷ってしまった…。自分に合うシューズを見つけたくても、何を選べばいいのか悩んでしまいますよね。

この記事ではおすすめのジム用シューズと一緒に、シューズを使うメリットと選ぶポイント5つをそれぞれ解説していきます。

  1. トレーニングに合わせて選ぼう
  2. シチュエーションで選ぼう
  3. 迷ったら万能タイプを選ぼう
  4. サイズを確認しよう
  5. ジムの規則を確認しよう

これからジムに通う人も、シューズを新調したい人も必見です!

ジムに通いたい人は、パーソナルトレーニングジムのティーバランス(T-BALANCE)がおすすめ。業界最安クラスの通いやすい価格で、理想のボディを目指しませんか?

無料カウンセリングでは、食事やトレーニングのアドバイスも受けられ、入会前の体験も可能です!初めてのパーソナルトレーニングで早く確実に結果を出したい方は、ぜひチェックしてみてください!

目次

【タイプ別】おすすめジム用シューズ15選

ジム用シューズをタイプ別に3種類ずつご紹介します。

  • マルチに使える万能シューズ
  • ランニングはクッション性重視
  • ウェイトトレーニングにはグリップ力
  • フィットネスには足首サポート
  • 持ち運ぶなら軽量シューズ

マルチに使える万能シューズ

ジムでの幅広いトレーニングに対応した万能シューズです。

1.PUMA LQDCELL メソッド 2.0 トレーニング シューズ


商品名

PUMA LQDCELLメソッド 2.0 トレーニング シューズ

メイン素材

合成繊維+合成樹脂(ポリウレタン)+合成皮革、合成樹脂(EVA樹脂、 ポリウレタン)、ゴム底

特徴

  • リキッドセル
  • 幅広いトレーニングに対応

PUMAのリキッドセルは、90年代のランニングシューズ機能であるCELLを基にした最新テクノロジー。柔軟性・安定性・反応性を追求し、さまざまな用途に対応します。素材は通気性の良いメッシュで蒸れにくく快適です。


2.NIKE ジムシューズ シティトレーナー


商品名

NIKE トレーニングシューズ シティトレーナー 3CK2585-006

メイン素材

合成繊維 + 合成樹脂、合成底

特徴

  • 通気性・耐久性に優れている
  • 幅広いトレーニングに対応

NIKEのシティトレーナーは、筋トレからランニングまでさまざまなトレーニングに対応します。通気性と耐久性に優れたメッシュ素材が足を快適にサポートしてくれます。


3.adidas ウルトラブースト20


商品名

adidas ウルトラブースト20

メイン素材

合成繊維、ゴム底

特徴

  • クッション性と反発性のあるBOOSTミッドソール

adidasのウルトラブーストは、足を包み込むようなフィット感とクッション性でトレーニングをサポートします。反発力が高く温度環境による影響を受けにくいので、どんな天候でも性能が落ちないのが特徴です。

ランニングにはクッション性重視

ランニング向けのシューズは、クッション性が大切です。足への負担が軽減されます。

1.アシックス ランニングシューズ JOLT 3


商品名

アシックス ランニングシューズJOLT3

メイン素材

合成繊維・人工皮革、ゴム底

特徴

  • ウォーキング・ランニングのための設計
  • 2Eと4Eのワイズあり

アシックスのランニングシューズJOLT3は、ウォーキングやランニングを楽しむためのシューズ。靴底に採用されたフレックスグルーヴ(屈曲溝)は、柔軟性を高め、走っている最中も足にフィットします。幅広を求める人にも対応しています。

2.ミズノ ランニングシューズ マキシマイザー23


商品名

ミズノ ランニングシューズ マキシマイザー23 

メイン素材

合成繊維、合成底

特徴

  • 摩耗しにくいアウトソール
  • 3E相当の幅広設計

ミズノのマキシマイザー23はマルチに使えるランニングシューズです。幅広設計で軽くて柔らかい履き心地。曲げやすいアウトソールには摩耗に強いラバー「X10」を採用し、すり減りにくいのが特徴です。

《送料無料》MIZUNO マキシマイザー23 K1GA2100 メンズ ミズノ ランニングシューズ

3.New Balance ランニングシューズM411


商品名

New Balance ランニングシューズ M411

メイン素材

合成繊維、人工皮革、ゴム底

特徴

  • クッション性が高い
  • 耐久性があるアウトソールで長持ち

New BalanceのM411はクッション性が高く、耐久性のあるアウトソールがランニングに適した男性用モデル。通気性に優れているので、汗をかく時期のランニングにもおすすめです。

ウェイトトレーニングにはグリップ力

ウェイトトレーニング用は、踵が高く作られているのが特徴で、踏ん張りがきく・しゃがみやすいなど動作に合わせて設計されています。

1.アシックス ウエイトリフティングシューズ ウエイトリフティング727


商品名

アシックス ウエイトリフティング727

メイン素材

スエードレザー、天然皮革、ゴム底

特徴

  • ウェイトトレーニング専用シューズ
  • グリップ力の高いラバー使用

アシックスのウェイトリフティング727は、グリップ力の高いラバーが滑らず安定感抜群。トレーニングでの踏ん張りをサポートします。

2.adidas パワーリフト4


商品名

adidas パワーリフト4

メイン素材

分類外繊維(織物)、 布と合成繊維、ゴム底

特徴

  • キャンバス素材で丈夫
  • 耐摩耗性のadiWEARアウトソール

adidasのパワーリフト4は、面ファスナーストラップ・ラバーアウトソールがしっかりと足を固定し安定感を高めます。

3.Reebok(リーボック) Lifter Pr


商品名

Reebok Lifter Pr

メイン素材

分類外繊維(ニル)、合成素材、ゴム底

特徴

  • 通気性が良い
  • 耐久性のあるアウトソール

ReebokのLifter Prは面ファスナーで安定感があり、通気性が良いので快適にトレーニングできます。耐久性のあるアウトソールもポイント。

フィットネスには足首サポート

エアロビクスやダンスなどのスタジオフィットネス向けシューズです。

1.ミズノ フィットネスシューズ ウエーブダイバース LG 3


商品名

ミズノ ウエーブダイバースLG3

メイン素材

人工皮革、合成底

特徴

  • ソール縦溝・横溝による高い屈曲性
  • 湿度と温度上昇を抑制する通気孔

ミズノのウエーブダイバースLG3は、フィットネスを分析し動きやすいよう屈曲性を高めたシューズ。高い安定性とクッション性に加え、ソールに施された縦溝と横溝が自由な動きをサポートします。

2.AVIA(アヴィア) フィットネスシューズ V6000-WPP 


商品名

AVIA V6000-WPP

メイン素材

人工皮革、ゴム底

特徴

  • かかと部分の「M・F・S」機能で衝撃吸収・安定・反発を実現
  • 高い屈曲性・通気性

AVIA(アヴィア) のV6000-WPPは、かかと部分にM・F・S(アヴィア マルチ ファンクション カンチレバー システム)」という3つの機能を搭載。さらにソールの前側に深い溝を入れることで、高い屈曲性を持たせました。

3.RYKA(ライカ) ダンスエクササイズシューズ DEVOTION XT MID


商品名

RYKA(ライカ) DEVOTION XT MID

メイン素材

合成繊維、ゴム底

特徴

  • 高いクッション性・通気性
  • 高いホールド力で安定感あり

RYKA(ライカ)DEVOTION XT MIDは、軽量EVAを使い高いクッション性のあるシューズ。足首をホールドできる幅広ストラップベルトで安定感もアップします。

持ち運ぶなら軽量シューズ

ジムにシューズを持ち運ぶなら、軽くてかさばらないシューズがおすすめです。

1.SAGUARO ベアフット ランニングシューズ ポータブル


商品名

SAGUARO ベアフット ランニングシューズ ポータブル

メイン素材

ポリエステル、ゴム底

特徴

  • 片足約136gの超軽量で携帯しやすい
  • 柔らかい素材で裸足のような感覚

SAGUARO ベアフットポータブルは、Amazonでベストセラーになった実力派。まるで裸足のような軽さと柔らかさ・通気性と速乾性を兼ね備えたシューズです。ソールには高品質な素材を使っており、耐久性やグリップ力を高めています。

2.HMIYA フィットネスシューズ


商品名

HMIYA フィットネスシューズ

メイン素材

ナイロン、ゴム底

特徴

  • 片足約170gの軽量で携帯しやすい
  • 絞れるほどの柔らかさと速乾性

HMIYA フィットネスシューズは、軽さと柔らかさのある携帯向きのシューズ。絞れるほど柔らかいのに厚みのあるソールはグリップ力が高く滑りにくいです。

3.Mishansha フィットネスシューズ


商品名

Mishansha フィットネスシューズ

メイン素材

合成繊維、ゴム底

特徴

  • 軽量で通気性に優れる
  • クッション性・耐久性のあるソール

Mishansha フィットネスシューズは、軽さと耐久性のあるシューズ。ソールは滑りにくく安定感があります。

 

ジム用シューズを使うメリット2つ

本項では、ジム用シューズを使うことで得られるメリットを2つ挙げます。

  • 運動の効果が上がる
  • ケガの防止につながる

1.運動の効果が上がる

ジム用シューズを使うと、日常使いの靴よりも運動の効果が上がりやすくなります。自分の足にフィットするシューズは、さまざまな動きを効果的にサポートしてくれるからです。結果としてトレーニングの安定感が増します。

具体的には、踏ん張りがきくようになる・より動きやすくなる・足の負担が軽減されるなどです。

2.ケガの防止につながる

ジム用シューズを使うと、ケガの防止に繋がります。専用のシューズは動きの安定感を高め、体に余計な負担をかけにくいからです。

日常で使っている靴は、雨で濡れたり土で汚れたりとトレーニングには不向きです。また、運動用の靴だとしてもスパイクが付いているシューズでは動作が不安定になり、ケガのリスクが高まります。さらにスパイクは床を傷つけてしまうので、ジムには不向きなシューズだと覚えておきましょう。

ジム用シューズを選ぶポイント5つ

本項では、ジム用シューズを選ぶときのポイントを5つ解説していきます。

  • トレーニングに合わせて選ぼう
  • シチュエーションで選ぼう
  • 迷ったら万能タイプを選ぼう
  • サイズを確認しよう
  • ジムの規則を確認しよう

1.トレーニングに合わせて選ぼう

ジム用シューズを選ぶときは、自分の行いたいトレーニングに合わせて選びましょう。「ジム用」といっても用途別に分かれていますから確認が必要です。

ランニングを主に行う人であれば、クッション性を重視しましょう。ソールが薄いシューズで長時間走ると足に負担がかかってしまいます。

筋トレやウェイトトレーニングを行う人は安定感がポイント。しっかり踏ん張れるように、グリップが効いた専用シューズがおすすめです。普通のシューズだと関節に負担がかかり、膝や腰などの故障に繋がります。

エアロビクスやダンスなどフィットネスが中心の人は、足首までサポートするハイカットが良いでしょう。ダンスはさまざまな角度から足に負担がかかりますので、ローカットだと足の負担が大きくなり痛めてしまうかもしれません。

2.シチュエーションで選ぼう

ジム用シューズを選ぶときは、シチュエーションを考慮した選び方もポイントです。初心者と上級者で必要なトレーニングが変わるように、シューズの選び方も変わります。

シューズを持ち運びしたい場合は、軽量柔らかいものが荷物になりにくいでしょう。靴置き場に置かせてもらえる場合なら持ち運びの負担がなくなるので、トレーニングに合わせたシューズも良いですね。

ジム初心者は軽めのトレーニングからスタートするので、予算に合わせて手頃なシューズを選ぶのもアリ。慣れてきたらより自分の希望するタイプのシューズに変えるのもおすすめです。

ジム上級者でしたら、トレーニングに合わせて複数のシューズを使い分けるのも良いでしょう。

3.迷ったら万能タイプを選ぼう

なかなか自分に合うシューズが見つけられない・たくさん種類があって目移りしてしまう場合には、「万能タイプ」を選ぶと良いです。

これらのシューズは、多くの人がさまざまなトレーニングで使用することを想定し、用途に幅広く対応できるように作られています。また、初心者は軽めのトレーニングから始めますので、万能タイプのシューズで十分対応できます。

4.サイズを確認しよう

シューズを購入するときは、できる限り試し履きするのがおすすめです。自分の足にフィットするシューズのポイントを確認しましょう。

  • かかと・土踏まずにフィットしている
  • 足首にフィットしてズレない
  • 指先に少しだけゆとりがある

試し履きは、ジムで実際に使用する靴下を履いた状態で行いましょう。素足やストッキングでは厚みが違うので、サイズが変わる可能性があります。

さらにメーカーによっては同じサイズでもフィット感が変わります。自分の足にも左右差がありますから、試着の際は片足だけでなく両足で履き、可能であれば店内を歩いて確かめましょう。

足に合わないシューズだと運動効果が落ちてしまい、さらにはケガのリスクも高まるので注意が必要です。

5.ジムの規則を確認しよう

シューズを選ぶときには、念のためジムの規則を確認しましょう。

シューズに関しては自由というジムもありますが、中には靴底の色が床に移るからと「白色」を指定している場合があります。

せっかくお気に入りのシューズを見つけても、ジムで使えなかったなんてことがないように、最初に確認しておきましょう。

 

自分にピッタリなジム用シューズでボディメイクを成功させよう!

タイプ別のおすすめシューズと使用のメリット・選ぶポイント5つを解説してきました。シューズ選びに迷ったらぜひ参考にしてください。

お店で購入の際は、必ず試し履きをしましょう。分からないことがあれば靴のプロである店員さんに相談するのがおすすめです。

これからジムに通うなら、細やかに指導してもらえるパーソナルジムがおすすめです。高い技術をもったトレーナーが、あなたに最適な個別のトレーニングプログラムを提案してくれます。

完全予約制でトレーニングを受けるから、継続しやすく挫折しにくいのも特徴です。自分専用のトレーニングなら効率よく理想のボディに近づくことができますね。

ティーバランスは、低価格高品質なパーソナルジムトレーナーが二人三脚であなたのボディメイクを成功に導きます。無料カウンセリング体験コースも実施しているので、ぜひお問い合わせください!

 

 

Recommended