TOP ブログ 【脱リバウンド】脂肪燃焼スープのメリット・デメリットとダイエット成功5つのコツ

【脱リバウンド】脂肪燃焼スープのメリット・デメリットとダイエット成功5つのコツ

2020/12/30
  • ダイエット・ボディメイク

脂肪燃焼スープダイエットってリバウンドするのかな…?
もうダイエットでリバウンドを繰り返したくない…!

このように悩んでる方も多いのではないでしょうか?

脂肪燃焼スープダイエットとは、野菜を中心とした具材で作る「脂肪燃焼スープ」を一週間食べ続けるダイエット方法です。カロリー制限だけでなく、デトックス効果や美肌効果も期待できます。

しかし、正しいルールや成功させるためのコツを知らずに取り組めば、せっかく痩せても脂肪燃焼スープダイエットが終了したあとにリバウンドしかねません。

そこで今回は、

  • 脂肪燃焼スープダイエットでリバウンドしやすい理由
  • 脂肪燃焼スープダイエットの正しい取り組み方
  • 脂肪燃焼スープダイエットを成功させるコツ

について詳しく紹介します。

リバウンドせずに体重を減らしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

理想の体型に近づくなら、マッスルデリがおすすめ。レンジでチンするだけで、高タンパクで栄養バランスの取れた食事が簡単に食べられます。

なりたい体型別の4つのプランがあるので、誰でもお手軽に理想のボディが手に入ります!



 

目次

脂肪燃焼スープダイエットがリバウンドしやすい理由

「たった7日間で痩せられる!」と評判の脂肪燃焼スープダイエットは短期間で効果が得やすい方法です。しかし、リバウンドしやすい傾向があるので注意しなければなりません。

脂肪燃焼スープダイエットでリバウンドしてしまう理由は、極度なカロリー制限をしているからです。カロリー不足が続くと体が「飢餓状態」と認識し、脂肪をたくわえやすい状態になります。

その状態で食事をもとに戻せば、たちまち脂肪がついてしまうでしょう。したがって、1ヶ月に体重の5%以上を減量するダイエットは避けるべきです。

脂肪燃焼スープダイエットは、もともと肥満な人が手術前に短期間で体重を落とすための食事療法として考えられたものであり、じっくり減量するための方法ではありません。

また、脂肪燃焼ダイエットを成功させるためには細かいルールを守る必要があります。

リバウンドに恐怖を感じているのであれば、長期的な目標設定を行ってください。

リバウンドしない方法について知りたい方は「リバウンドが怖いなら長期計画を立てるべき!ダイエットの7つのポイント」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

リバウンドが怖いなら長期計画を立てるべき!ダイエットの7つのポイント

【徹底解説】脂肪燃焼スープダイエットの7つの基本ルール

脂肪燃焼スープダイエットとは、3食の食事全てを野菜スープに置き換えるダイエット方法です。スープダイエットには細かい制限がありますが、空腹を我慢するダイエットではないので、比較的取り組みやすいでしょう。

期間は1週間。基本ルールは以下の7項目です。

  1. 始める24時間以内から禁酒する
  2. スープの量を守る
  3. 砂糖や甘味料、人工甘味料は絶対に禁止
  4. 飲み物は砂糖がはいっていないもののみ
  5. 揚げ物と小麦粉は完全NG
  6. 油やバターはNG
  7. スケジュールを守る

それぞれのルールについて解説していきます。

1.飲む24時間前から禁酒する

脂肪燃焼スープダイエットを始めるときは、24時間前から禁酒をしましょう。

お酒はカロリーが高いだけでなく、筋肉を分解してしまいます。筋肉が減れば代謝が落ちるため、ダイエットの敵です。

さらに、飲酒をすると肝臓がアルコールの分解を優先するため、脂肪の代謝が後回しになります。

このように、飲酒自体がダイエット時に悪影響を与える上、脂肪燃焼スープダイエット中は酔いが回りやすいのでお酒は控えましょう。

2.スープの量を守る

脂肪燃焼スープダイエット中は、スープの量を守りましょう。

早く痩せたいからといってスープの量を減らしてしまうと、体に負担がかかります。お腹がいっぱいになるまでスープを飲むようにしてください。

脂肪燃焼スープは最低限の栄養素しか含まれていないので、飲む量を減らすと体調を崩す原因になります。

3.砂糖や甘味料、人工甘味料は絶対に禁止

脂肪燃焼スープダイエットが短期間で効果を得られる理由は、糖質制限ダイエットの要素もあるからです。

したがって、砂糖・甘味料・人工甘味料などの糖は避けましょう。

なお、糖質制限のコツについては「【必見】糖質制限で成功する秘訣と10のコツ【ケトン体が鍵を握る!?】」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【必見】糖質制限で成功する秘訣と10のコツ【ケトン体が鍵を握る!?】

4.飲み物は砂糖が入っていないもののみ

脂肪燃焼スープダイエット中に飲んでいい飲み物には細かい制限があります。

基本的に、砂糖や人工甘味料が入っている飲み物はNGです。脂肪燃焼スープダイエット中の飲み物は以下に限ります。

  • 白湯
  • お茶
  • ルイボスティー
  • ブラックコーヒー
  • スキムミルク(無脂肪のみ)
  • 100%果汁ジュース(甘味料なし)
  • 特保認定の飲み物

また、冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので、ダイエット効果を上げたい場合はできるだけ常温や温かい飲み物を摂取しましょう。

5.揚げ物と小麦粉は完全NG

脂肪燃焼スープダイエット期間中は、揚げ物と小麦粉は完全NGです。

小麦で作られているパンやうどん、パスタももちろん禁止。

炭水化物が好きな人には辛いかもしれませんが、ダイエット終了後にも反動でたくさん食べないように気をつけましょう。

6.油やバターはNG

油やバターもNGです。

脂肪燃焼スープダイエット中に、野菜や肉を食べられる日があります。このとき煮たり焼いたり調理しても良いのですが、油を使ってはいけません。

また、サラダにかけるドレッシングも油が豊富に含まれているので注意が必要です。

7.決められたスケジュール通りに飲む

脂肪燃焼スープダイエットは1週間続けて行います。

その際、必ず決められたスケジュール通りにスープや食事をとりましょう。たとえば、4日目以降はバナナを食べてはなりません。

スケジュールを守らないと効果が出にくくなります。

脂肪燃焼スープの材料と作り方

脂肪燃焼スープは基本的に野菜で作るので、鍋1個分でもカロリーは約500kcalのヘルシーさです。早速脂肪燃焼スープの材料と作り方を紹介します。

【脂肪燃焼スープの材料】

まずは、脂肪燃焼スープの材料を紹介します。

  • キャベツ:1/2個
  • 玉ねぎ:400g(大2個)
  • 人参:1本
  • ピーマン:100g(4個)
  • セロリ:1本
  • トマト:ホールトマト缶1缶(生トマトなら3個)
  • コンソメスープの素:1個
  • 水:具材がひたるぐらい
  • 塩こしょう:適量

10分ほど煮詰めて、具材に火が通ったら塩こしょうで味を整えます。

なお、脂肪燃焼スープに使う野菜で苦手なものや手に入らないものがあった場合は、以下のように代用も可能です。

  • キャベツ→ブロッコリー
  • 玉ねぎ→にら
  • セロリ→モロヘイヤ、ほうれん草
  • ピーマン→パプリカ
  • 人参→かぼちゃ

また、毎日同じスープで飽きそうなときに他の野菜へ変更すると、味を変えられます。

【脂肪燃焼スープの作り方】

材料を揃えたら、以下の手順で調理するだけです。

  1. 野菜を適当な大きさに切って鍋に入れる
  2. 水とコンソメを入れて煮込む
  3. 約10分後、具材に火が通ったら塩こしょうで味を調える

難しい工程がなく、煮込む時間も10分なので簡単に作れます。

脂肪燃焼スープダイエットのスケジュール

脂肪燃焼スープダイエットは、スケジュールが細かく決まっています。

スケジュールでは、脂肪燃焼スープと一緒に食べる食材との組み合わせが指定されています。以下のスケジュールを参考に、1週間の食事計画を立ててルールを守りましょう。

1日目フルーツ(バナナ以外)
2日目野菜(豆類、とうもろこし以外)
3日目フルーツ・野菜(じゃがいも以外)
4日目バナナ3本・スキムミルク500ml(5日目以降はバナナNG)
5日目肉または魚(350~700g)・トマト(6個まで)
6日目牛肉・野菜(じゃがいも以外)
7日目玄米・野菜・フルーツジュース(甘味料なし)

スキムミルクは「低脂肪乳」または「無脂肪乳」で代用できます。

なお、脂肪燃焼スープダイエットはタンパク質が不足するので、肉類を食べられる5日目と6日目にしっかり摂取して補いましょう。

脂肪燃焼スープダイエット6つのデメリット

短期間でダイエット効果のある脂肪燃焼スープダイエットにも6つのデメリットがあります。

デメリット
  1. 極度な食事制限で体に負担がかかる
  2. 筋肉量が落ちやすい
  3. 途中で挫折しやすい
  4. 終了後に暴飲暴食に走りやすい
  5. 飢餓状態でイライラしやすい
  6. 一生続けられない

デメリットを詳しく解説します。

1.極度な食事制限で体に負担がかかる

脂肪燃焼スープダイエットは、1週間の主食をスープにすることでカロリーを大幅カットするため、体に負担がかかります。

人間が1日に必要とするエネルギー量の目安は以下の通りです。

 

1日に必要なエネルギー量

成人女性

約1,500~2,000kcal

成人男性

約2000~2,650kcal

※たくさん運動をしない日の場合

スープダイエット中に食べる脂肪燃焼スープのカロリーは1食100kcal前後です。3食食べても500kcalにも満たないので、圧倒的にエネルギー量が不足します。

脂肪燃焼ダイエット中もめまいや立ちくらみなど、もし体調に不安を感じた場合は、無理をせずに一時中断しましょう。

2.筋肉量が落ちやすい

脂肪燃焼スープダイエットは、太りやすい身体を作る可能性もあります。

なぜなら、脂肪燃焼スープダイエット中は筋肉の原料となるタンパク質が不足しがちなので、筋肉量が低下して基礎代謝が落ちるリスクが高いからです。

成人の一日のタンパク質必要量を見てみましょう。

筋トレしない場合のタンパク質必要量

体重×1g

筋トレする場合のタンパク質必要量

体重×1.5~2g

基礎代謝とは、呼吸や消化・体温調整・内臓の働きなどに必要なエネルギー量の目安です。

人間は寝ているときや座っているときにもエネルギーを消費します。

基礎代謝が落ちれば消費エネルギーも低下するので、摂取したカロリーをなかなか消費できません。ダイエット中に筋肉量が減ってしまうと、その後基礎代謝を元に戻すまでに時間がかかります。いかに基礎代謝を下げずに継続できるかがポイントです。

なお、筋肉が作られる仕組みについては「【要チェック】超回復って嘘なの?本質を理解して効果的に取り入れよう」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【要チェック】超回復って嘘なの?本質を理解して効果的に取り入れよう

3.途中で挫折する人が多い

脂肪燃焼スープダイエットは、かなり激しい食事制限なので途中で挫折する人も多いです。

飲み会などには行けないですし、好きなものも食べられません。毎日ほぼ同じ材料のスープを一日3食飲むので、飽きてしまうでしょう。ちょっとずつ代用できる材料に変えて、味に変化をつけないとやりきるのは困難です。

食事制限ダイエットは、よっぽどの強い意志がないと続けるのが難しいでしょう。

4.終了後に暴飲暴食に走りやすい

極度な食事制限は、体に負担をかけるだけでなく終了後に暴飲暴食しがちです。

脂肪燃焼スープダイエット直後は、普通の食事に戻すだけでもリバウンドしやすいと言われています。一週間毎日同じスープを食べ続けるのは想像以上に辛く、食に対してのストレスが溜まります。今まで食べられなかった分、好きなものを好きなだけ食べてしまったらどうなるか想像できますよね…。

脂肪燃焼スープダイエットは最中だけでなく、終わってからの食事も徐々に増やしていくようにしないと「ダイエット前よりも太ってしまった!」ということになりかねません。

脂肪燃焼スープダイエット直後の身体は栄養を吸収しやすいので、小さくなった胃に合わせて少しずつ元の食事に戻しましょう。

5.飢餓状態でイライラしやすい

脂肪燃焼スープダイエットのスープは糖質を控えた具材を使うので、体内から糖が不足します。糖が不足すると、無気力感やイライラ・眠気に襲われ、普段よりストレスを感じやすくなります。

仕事が立て込んでいたり、生理前や生理中だったりすると、体調も乱れやすく、よりイライラしやすくなるのでダイエットを行う時期は慎重に選びましょう。

女性であれば、痩せやすい月経後から始めると効果的です。

6.健康面から一生続けるのは難しい

脂肪燃焼スープダイエットは過度な食事制限です。身体に負担がかかるので一生続けられるダイエットではありません。1ヶ月5kg痩せたという声もありますが、ダイエット後に食べたらリバウンドするので、長期的に見て綺麗な体を作るには不向きです。 

もし1週間以上継続すれば、筋肉量が低下するため基礎代謝を維持できなくなります。せっかく痩せようと思っているのに太りやすくなったり、体調が悪くなってしまったりすれば、ダイエットの意味がありません。

思うような結果が出なくても、1週間以上続けないようにしましょう。どうしても脂肪燃焼スープダイエットを継続したい場合は、終了後最低2日以上空けましょう。

長期的に美ボディを目指すのであれば継続できる食生活と運動を取り入れることをおすすめします。

スープダイエットのコツについては「スープダイエットはリバウンドの可能性が高い!正しいルールと3つのコツを伝授」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

スープダイエットはリバウンドの可能性が高い!正しいルールと3つのコツを伝授

脂肪燃焼スープダイエット5つのメリット

ここからは、脂肪燃焼スープダイエットのメリットを5つ紹介します。

メリット
  1. 短期間で集中してできる
  2. 手間暇があまりかからない
  3. コストを比較的抑えられる
  4. 誰でも気軽に始められる
  5. 便秘の解消ができる

順番に見ていきましょう。

1.デトックス効果がある

脂肪燃焼スープではミネラルやカリウムが豊富に含まれた野菜も使います。それらの野菜にはデトックス効果があり、身体にたまった毒素や老廃物の排出を促します。

温かいスープにより身体が温まるため、身体の巡りが良くなり、冷えやコリなどの改善につながるでしょう。

2.便秘の解消ができる

脂肪燃焼スープダイエットは便秘の解消ができます。

野菜ベースのスープを1週間ひたすら飲み続けるので、以下の効果が期待できます。

  • 腸内環境を整える
  • 糖と脂質の吸収をやわらげる
  • 野菜を効率的に摂取できる

便秘がちの人にはとてもおすすめなダイエットです。

3.短期間で集中してできる

脂肪燃焼スープダイエットは1週間限定のダイエットなので、短期間に集中してできます。

長期間かけてのダイエットが難しい人にはおすすめですが、リバンドをしないように注意する必要があります。

4.手間暇があまりかからない

脂肪燃焼スープダイエットは、1週間3食スープに置き換えるダイエットなので、手間がかかりません。

スープも一気に作って小分けにして冷凍すれば、あとは電子レンジで解凍するだけで食事の準備が済みます。毎回自炊するよりも断然手間暇がかからないと言えるでしょう。

5.コストを比較的抑えられる

毎日の食事はスープが多く、食べる量が減るため、コストも抑えられるでしょう。

脂肪燃焼スープの材料も、基本的にスーパーで安価に揃えられるものばかりです。お金をかけずにダイエットをしたい人にもおすすめですよ。

6.誰でも簡単に始められる

脂肪燃焼スープダイエットは、作るのに手間やコストがかからないため、誰でも比較的簡単に始められます。

ただし、細かいルールを守れないと効果がないので注意が必要です。

【リバウンドにさよなら!】脂肪燃焼ダイエットを成功させる6つのコツ

ダイエットをやる方が不安を感じているのは、リバウンドしないかでしょう。

そこでここからは、脂肪燃焼ダイエットに成功する5つのコツをご紹介します。

  1. 食生活を見直す
  2. 日常生活を見直す
  3. 適度に筋トレする
  4. 有酸素運動をする
  5. 継続する

順番に解説します。

1.食生活を見直す

脂肪燃焼スープダイエットを成功させるのに重要なのは、食生活の管理です。

まずは体に入ってくるカロリーを減らしながらも、栄養のバランスを考えた食事を摂ります。

消費カロリーより摂取カロリーが少ない「アンダーカロリー」状態を心がけましょう。

とはいえ、カロリーを減らしすぎるのも危険。なぜなら、摂取カロリーを減らしすぎると身体が飢餓状態と錯覚して脂肪を溜め込みやすくなるからです。消費カロリーに対して90%程度は摂取するようにしましょう。

また、栄養バランスよく痩せるには、以下の栄養素が不可欠です。

  • 高たんぱく質
  • 低脂質
  • 低炭水化物

鶏のささみや牛肉の赤身などのタンパク質を積極的に摂取し、主食は蕎麦や玄米にしましょう。

2.日常生活を見直す

リバウンドしないためには、日常生活の改善も必要です。

例えば

  • 上り下りは階段を使う
  • 一駅前で降りて歩く
  • 車より自転車を使う

など普段から積極的に体を動かすように心がけましょう。

ただし、脂肪燃焼スープダイエット中は摂取カロリーが少ない状態なので、無理は禁物です。無理のない範囲で動くように心がけましょう。

3.適度に筋トレする

脂肪燃焼スープダイエットを成功させたいなら、適度な筋トレを取り入れましょう。ダイエットでは、体重を減らしながらも基礎代謝をできるだけキープする必要があります。

なぜなら、スープダイエットなどの食事制限で体重を減らした場合、脂肪よりも先に筋肉と基礎代謝が落ちるので逆に太りやすい体質になるからです。

筋トレをして筋肉量をキープすると痩せるスピードが加速します。

運動習慣のない方は、自宅でできる気軽なトレーニングから始めてみてください。

  • スクワット
  • ランジ
  • ブリッジ
  • 両脚の上下運動
  • 腹筋・背筋運動
  • 腕立て伏せ

筋肉量が落ちやすい脂肪燃焼スープダイエットと筋トレは相性が良く、ダイエット効果も高められるので、併用して取り組んでいきましょう。

ちなみに、筋トレでは大きな筋肉から効率よく鍛えてください。大きな筋肉を鍛えれば、代謝が一気にアップします。

特におすすめの部位は以下の5箇所です。

  • 背中
  • お尻
  • 太もも
  • お腹

腕立て伏せやスクワットなどで空いた時間に気軽に鍛えられるので、毎日少しずつでも鍛錬しましょう。筋トレで綺麗に筋肉をつければ、メリハリボディも目指せます。

また、筋トレをするなら朝がおすすめです。朝に運動をすると、交感神経が活発化し、脂肪燃焼の効果が高くなります。

理想とする体型に少しでも早く近づきたいなら、ぜひ筋トレも取り入れてみてください。

筋トレをするタイミングについては「【必見】筋トレは食後2~3時間がおすすめ! 食前に運動したときとの違いや3つのポイントを解説」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【必見】筋トレは食後2~3時間がおすすめ! 食事で特に摂取したい栄養素や注意点を紹介

4.有酸素運動をする

ダイエットには、有酸素運動が最も効果的です。

特にマラソンやサイクリングを20分以上続けると、体脂肪をより効率よく燃焼させられます。

おすすめの有酸素運動は以下の通りです。

  • 散歩
  • ダンス
  • ジョギング
  • 水泳
  • ステッパー
  • エアロビ
  • エアロバイク

普段運動の習慣がなくてハードルが高いと思う場合は、まずは形から入りましょう。

お気に入りのウェアとシューズ、スマートウォッチを揃えれば、トレーニングのモチベーションも上がります。

ステッパーやエアロバイクをするときは、好きなテレビ番組や動画を見たり音楽を聴いたりしながらトレーニングをすれば、比較的長時間連続して取り組めます。

5.継続する

脂肪燃焼スープダイエットを成功させるには継続が重要です。

ダイエット自体は1週間で終わりますが、理想の体型をキープするためには、長期的な目標が必要です。

1週間が終わったから好きなものを好きなだけ食べるのではなく、継続して食生活の管理と筋トレを続けてダイエットを成功させましょう。

6.置き換えダイエットも効果的

1週間のダイエットが終わった後に、リバウンドしないためには、朝昼晩のうち1食もしくは2食を置き換えましょう。

たとえば、朝のみ脂肪燃焼スープを飲み、昼と夜はいつも通りの食事を摂ります。

1食や2食のみ置き換えることで、負担も減るので、より継続しやすくなります。

置き換えダイエットのコツや取り組み方については「【必見】置き換えダイエットのリバウンド原因3つ!正しいやり方と成功の3つのコツ」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【必見】置き換えダイエットのリバウンド原因3つ!正しいやり方と成功の3つのコツ

まずは脂肪燃焼スープダイエットを1週間続けてみよう

脂肪燃焼スープダイエットは、満腹感を得ながらも、低カロリーですぐに減量効果を得られるので、特に野菜が好きな方にはぴったりなダイエット方法です。

スープには食物繊維やビタミンCも豊富に含まれているので、同時にデトックス効果や美肌効果が期待できるのも嬉しい副産物ですよね。

しかし、脂肪燃焼スープダイエットは効果が高い反面、間違った方法で取り組むとリバウンドしやすくなります。

始める前に正しい方法をしっかりと理解した上で取り組むのがポイントです。継続するためにも無理のない範囲で取り組んでみてください。

ダイエット終了後も、最適な食生活と運動を継続して太りにくく痩せやすい身体作りに努めましょう!

食事をコントロールしたいけど自炊の時間が取れないなら宅食サービスが便利!

noshはすべての糖質量が1食あたり30g以下!70種類以上のメニューから選べて、レンジでチンして簡単に食べられるので忙しいときにもピッタリ!

マッスルデリはトレーニーにピッタリ!目指す体型に合わせて4つのプランで高タンパク低糖質な食事を摂取

GREEN SPOONは1食置き換えにもおすすめ!具材がゴロゴロ入ったスープで満腹感あり!

Recommended