パーソナルトレーニング・プライベートジム ティーバランスダイエット・ボディメイク店
営業時間7:00-23:00
TOP 投稿 ダイエットで肌荒れをする7つの原因と対策を徹底解説【キレイに痩せよう】

ダイエットで肌荒れをする7つの原因と対策を徹底解説【キレイに痩せよう】

2021/01/30

    ダイエットで肌荒れをしてしまった…!
    もうダイエットで肌荒れしたくない…!

    せっかくダイエットが成功しても、肌荒れしてしまっては魅力が半減してしまいますよね。できれば痩せながら美肌はキープしたいところ。

    結論から言うと、ダイエットのやり方次第では肌荒れをしないで痩せられます。

    そこで今回は、

    理想の体型に近づくなら、マッスルデリがおすすめ。レンジでチンするだけで、高タンパクで栄養バランスの取れた食事が簡単に食べられます。

    なりたい体型別の4つのプランがあるので、誰でもお手軽に理想のボディが手に入ります!



     

    • ダイエットで肌荒れする原因
    • 肌荒れしないためにできること
    • 肌荒れ防止の栄養素と食べ物

    についてご紹介します。

    肌荒れせずにダイエットを成功させたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

    ダイエットで肌荒れする原因

    ダイエットで肌荒れする原因は7つあります。

    以下のようなことが考えられるので、自分にはどれが当てはまるか、参考にしてみてください。

    1. 栄養不足
    2. 睡眠不足
    3. ストレス
    4. ホルモンバランスの乱れ
    5. 食物繊維不足
    6. 水分不足
    7. ダイエットとは関係なく荒れている

    原因を探りながらそれぞれ、詳しく解説します。

    【肌荒れの原因1】
    栄養不足

    ダイエットで肌荒れをする一番大きな原因は、「栄養不足」です。

    当たり前ですが、人間の体も肌も食べたものから作られます。栄養が不足すると肌の再生に支障が出ることに。

    ダイエット中は、特に食事の制限をすると必要な栄養素の摂取量が少なくなりがちなので、必ず栄養バランスには気を配りましょう。

    【肌荒れの原因2】
    睡眠不足

    肌荒れする原因には、睡眠不足も考えられます。

    肌は寝ている間に修復されます。

    諸説ありますが、22時から2時までの「肌のゴールデンタイム」に寝ると美肌になりやすいと言われています。

    確かに、早寝早起きをして規則正しい生活をしている人で、肌が綺麗な人が多いのは事実です。ゴールデンタイムに寝られなくても、適度な睡眠時間と熟睡できることが重要。

    最低でも6時間から8時間の睡眠時間を確保しましょう。

    【肌荒れの原因3】
    ストレス

    ストレスは美肌の大敵です。

    現代人はただでさえストレスが溜まりやすいのに、ダイエットをしていると食事制限などでさらなるストレスが無意識に溜まりやすくなります。

    ストレス自体が肌に悪いですし、発散するために暴飲暴食をしてしまうことも良くありません。

    特にストレスが溜まって甘いチョコレートなどを大量に食べてしまうと、ニキビや吹き出物の原因に。ダイエット中は、時々チートデイを設けたり、息抜きの時間を作ったりしてストレスともうまく付き合っていきましょう。

    ▼糖質制限中のチートデイのメリットを紹介▼

    糖質制限中のチートデイで得られる3つのメリット【方法や注意点も解説】

    糖質制限中のチートデイで得られる3つのメリット【方法や注意点も解説】

    【肌荒れの原因4】
    ホルモンバランスの乱れ

    ダイエットでホルモンバランスが乱れてしまうことも。

    特に過度な食事制限をすると、女性は生理が止まってしまうこともあります。

    肌はホルモンバランスの影響をダイレクトに受けやすいので、生活習慣に注意して、ストレスを溜めないように気をつけましょう。

    【肌荒れの原因5】
    食物繊維不足

    栄養素の中でも、特に食物繊維が不足すると便秘につながり、肌荒れする原因に。糖質制限ダイエットなどで、食事の量を減らすと食物繊維も不足しがちです。

    食物繊維の役割は以下のとおりです。

    • 腸内で水分を吸収してカサを増やす
    • 腸壁を刺激して便意を促す
    • 便を適度なやわらかさに保つ
    • 悪玉菌によってつくられた有害物質を吸着し体の外へ出す

    便秘になると体に毒素が溜まりやすい状態なので、肌荒れの原因になることも。

    食物繊維が多いものを食べたり、サプリで補って便秘を予防しましょう。

    【肌荒れの原因6】
    水分不足

    水分が不足すると、体から潤いが失われて肌荒れする原因になります。

    美肌には保湿が重要です。保湿は外側からだけしていても意味がありません。体の中から乾いてしまうと、いくら高価な化粧品で保湿をしても、効果は半減してしまいます。

    実は「喉が渇いた」と思った時には体はすでにカラカラな状態です。

    特に寝ている間にも水分は奪われるので、朝起きたら白湯を飲むと効果的。日中はミネラルも豊富な海外の炭酸水を飲むと、間食も抑えられますよ。

    体質によっては夜に水分を取るとむくみやすい人もいるので、なるべく昼間に水分を摂るのがおすすめです。

    一気に飲まずにこまめに水分を摂取して、目安として1日2リットルの水分摂取を目指しましょう。

    【肌荒れの原因7】
    ダイエットとは関係なく荒れている

    肌荒れする原因がダイエットとは限りません。

    ダイエット以外にも以下のことが肌荒れの原因として考えられます。

    • 不規則な生活
    • 大気汚染
    • シャンプーの洗い残し
    • 整髪料の刺激
    • クレンジング不足
    • 顔の洗いすぎ
    • 化粧品があっていない
    • スキンケア不足

    まずは肌荒れの原因がなにかをチェックして、分析してみることも大切ですよ。

    ダイエットで肌荒れをしないためにできること

    ダイエットで肌荒れをしないためにできることが5つあります。

    1. 栄養管理
    2. 良質な睡眠
    3. 適度な運動
    4. 入浴
    5. スキンケア

    項目ごとに説明していきます。

    【できること1】
    栄養管理

    ダイエットで肌荒れしないために重要なのは「栄養管理」です。

    きれいな肌は食べたもので作られます。糖質制限のし過ぎや「〇〇だけダイエット」など、栄養が偏ったダイエットは要注意です。

    肌の美しさを保つには、栄養バランスが大切。綺麗に痩せるなら、

    • 高タンパク質
    • 低脂質
    • 低炭水化物

    を心がけましょう。

    栄養管理をしながら摂取カロリーを落とせば、綺麗に痩せられます。

    【できること2】
    良質な睡眠

    ダイエットにも肌荒れにも効果てきめんなのは、良質な睡眠です。

    できれば8時間くらい眠ると、寝ている間にも代謝が行われ、肌の再生も促されます。

    睡眠中には体で起こっていることは、主に以下のことです。

    • 肌の再生
    • 疲労回復
    • ストレスの緩和
    • 記憶の整理
    • 代謝促進
    • 筋肉を作る
    • 免疫力アップ

    睡眠不足になると肌の生まれ変わり「ターンオーバー」が乱れて、表面がごわごわしたり肌荒れしやすくなりやすいです。

    22時から2時までのお肌のゴールデンタイムに寝るのがベストとされています。うまく寝られない場合は、体のリズムが整うようにせめて毎日規則的に寝るように心がけましょう。

    【できること3】
    適度な運動

    肌荒れ対策には適度な運動もおすすめです。

    特に筋トレは隙間時間にできて、代謝を上げられるのでぜひとも取り入れましょう。

    また、ジョギングなどの有酸素運動で適度に汗をかくことで、毛穴の老廃物が排出されます。毛穴のつまりが肌荒れの原因になることもあるので、汗をかくくらいに運動する習慣をつけると美肌に近づけますよ。

    【できること4】
    入浴

    入浴は、日々の生活で比較的取り入れられやすく、高い効果が期待できる肌荒れ対策のひとつです。

    湯船に浸かると、体の表面の老廃物が剥がれ落ち、肌の再生を助けてくれます。

    湯気で毛穴が開き、汚れも溜まりづらくなるので、「毛穴のつまり」や「黒ずみ」が気になる人にもおすすめです。

    注意したいのは、入浴後にシャンプーやトリートメントが流しきれずに顔や体についたままになると肌トラブルの原因になることです。

    洗顔は入浴の一番最後に行うと良いでしょう。

    【できること5】
    スキンケア

    肌荒れが気になったらスキンケアの見直しも行いましょう。

    もしも、いつものお手入れでニキビができやすいと感じたら、油分の少ないアイテムに変更したり、ニキビができづらい処方のコスメに変更したりすると良いでしょう。

    「べたつくのが嫌だ」と言って化粧水だけで終わらせてはいけません。肌に水分をたっぷりと入れた後は、乳液やクリームで必ずフタをしてしっかり保湿しましょう。

    肌荒れが辛い時は、コットンに肌に優しい化粧水をひたひたに染み込ませた「コットンパック」を10分ほど行うこともおすすめです。

    ダイエットで肌荒れをしないための栄養素と食べ物

    ダイエットで肌荒れをしないようにするために必須の栄養素が5つあります。

    以下を参考にしてください。

    1. ビタミンB群
    2. ビタミンC
    3. ミネラル
    4. タンパク質
    5. 食物繊維

    それぞれ栄養素が含まれる食べ物とともにご紹介します。

    【おすすめの栄養素と食べ物1】
    ビタミンB群

    肌荒れに効果的なのがビタミンB群です。

    ビタミンB群は、不足すると皮膚炎などの肌トラブルを起こす原因になります。ビタミンB群は代謝と美肌のためのビタミンです。

    ビタミンB群は以下の8つで構成されています。

    1. ビタミンB1
    2. ビタミンB2
    3. ビタミンB6
    4. ビタミンB12
    5. ナイアシン
    6. パントテン
    7. ビオチン

    特にビタミンB6やB12は、テレビのCMなどでも耳にすることが多いですよね。

    ビタミンB6やB12はアミノ酸の再結合を助け、筋肉をつけて代謝しやすい体にしてくれます。他のビタミンB群の主な効果は代謝を補佐することです。

    ビタミンB6が多く含まれるのが以下の食品です。

    • 玄米
    • 赤身の魚
    • ヒレ肉
    • ささみ
    • バナナ
    • パプリカ
    • サツマイモ

    ビタミンB12は以下の食品に多く含まれます。

    • 牡蠣
    • 海苔
    • たらこ
    • レバー
    • チーズ

    特に魚介類や海藻類、肉類を摂取するとビタミンB群を効率よく摂れます。

    【おすすめの栄養素と食べ物2】
    ビタミンC

    ビタミンCは肌をきれいに保つ効果があります。

    ビタミンCの主な効果は以下を参考にしてください。

    • コラーゲンの生成
    • 日焼けの炎症やシミを抑える
    • 美白
    • 抗酸化作用
    • 老化予防

    食べ物だけでなく、スキンケアで外側から働きかけるアイテムもあるビタミンです。

    美肌の有名人でも摂取している人がたくさんいて、元AKB48の小嶋陽菜さんはYouTubeでビタミンCのサプリを愛用していると公言しているほどです。

    ビタミンCは主に、野菜や果物に多く含まれています。

    • レモン
    • オレンジ
    • いちご
    • キウイ
    • 赤ピーマン
    • 黄ピーマン
    • ブロッコリー
    • 菜の花

    ちなみに柑橘系を摂取した後に日差しを浴びると日焼けをしやすいという説もあるので、美白を目指す場合は注意が必要です。

    ビタミンCの他にも、脂質の酸化を防止し血行を促進するビタミンEや、皮膚の乾燥や色素沈着を防ぐビタミンAなど、ダイエットにはビタミンが欠かせません。

    食事だけでは補えない場合は、サプリも有効に活用しましょう。

    【おすすめの栄養素と食べ物3】
    ミネラル

    肌荒れを防ぐにはビタミンだけではなく、ミネラルも重要です。

    ミネラルは16種類。見えないところで体を支えてくれています。

    なかでも、肌をきれいにしてくれる主なミネラルは以下のものです。

    • マグネシウム
    • マンガン
    • ヨウ素
    • ケイ素
    • 鉄分
    • 亜鉛

    ミネラルは体で作ることができないので、食べ物から摂取する必要があります。万一摂り過ぎても、体外に排出されるので安心です。

    ミネラルが多く含まれる食べ物は、以下を参考にしてください。

    • 玄米
    • 黒糖
    • 海藻
    • きのこ類
    • 海外のミネラルウォーター

    白米や砂糖などの白いものよりも、精製されていない茶色い玄米や黒糖の方がミネラルが豊富です。

    【おすすめの栄養素と食べ物4】
    タンパク質

    肌荒れを防ぐにはタンパク質も重要です。

    タンパク質は体を作る材料になり、免疫力も高めてくれます。ちなみに、タンパク質が不足すると以下の症状が出やすくなるので注意しましょう。

    • 肌のハリがなくなる
    • 髪が傷みやすくなる
    • 集中力が続かない
    • 代謝が悪くなる
    • 筋肉がつきづらい

    タンパク質が多い食べ物は、以下を参考にしてください。

    • 赤身肉
    • 鶏のささみ
    • チーズ
    • ナッツ

    ナッツ類などはコンビニで手軽に買えて、肌に必要なタンパク質や良質な脂質が摂れます。少量で満足感が得られるため、小腹が減った時にもおすすめです。

    【おすすめの栄養素と食べ物5】
    食物繊維

    食事制限をしていると便秘になりがち。

    食物繊維はしっかりと摂って便秘にならないように対策しましょう。便秘になると肌荒れも引き起こしやすくなります。

    食物繊維が多い食べ物は、以下を参考にして取り入れてください。

    • 穀類(玄米やトウモロコシなど)
    • 芋類
    • 豆類
    • 野菜
    • 果物
    • きのこ類
    • 海藻類

    全体的に、きのこや海藻を意識して摂取すると、栄養バランスを取りやすくなります。

    美肌を保ちつつダイエットを頑張ろう!

    ダイエットで肌荒れをしないためには、栄養バランスや日常生活を見直して、代謝を整えることが大切です。

    普段のスキンケアをしても肌が荒れてきた方は、改めて食事の内容を見直してみてください。

    自分にぴったりの習慣を身につけて賢く、無理なく、健やかに美肌を保ちながらダイエットしましょう!

    食事をコントロールしたいけど自炊の時間が取れないなら宅食サービスが便利!

    noshはすべての糖質量が1食あたり30g以下!70種類以上のメニューから選べて、レンジでチンして簡単に食べられるので忙しいときにもピッタリ!
    マッスルデリはトレーニーにピッタリ!目指す体型に合わせて4つのプランで高タンパク低糖質な食事を摂取
    GREEN SPOONは1食置き換えにもおすすめ!具材がゴロゴロ入ったスープで満腹感あり!

    食事をコントロールしたいけど自炊の時間が取れないなら宅食サービスが便利!

    noshはすべての糖質量が1食あたり30g以下!70種類以上のメニューから選べて、レンジでチンして簡単に食べられるので忙しいときにもピッタリ!

    マッスルデリはトレーニーにピッタリ!目指す体型に合わせて4つのプランで高タンパク低糖質な食事を摂取

    GREEN SPOONは1食置き換えにもおすすめ!具材がゴロゴロ入ったスープで満腹感あり!

    Recommended

    New