TOP ブログ 【ジムトレーナー厳選】腹筋ローラーのおすすめ15選!初心者・女性向けから上級者向けまで幅広く紹介

【ジムトレーナー厳選】腹筋ローラーのおすすめ15選!初心者・女性向けから上級者向けまで幅広く紹介

2021/10/25
  • トレーニング

「腹筋ローラーのおすすめを知りたい!」
「腹筋ローラー選びでは、何に注目したらいいの?」
「腹筋ローラーを使うと、体のどこが鍛えられる?」

このようなお悩みを抱えていませんか?

腹筋ローラーは、お腹周りにアプローチをかけられるアイテムです。ポッコリお腹を改善したいと思い、購入を検討している方もいるのではないでしょうか?

しかし、腹筋ローラーには様々な種類があり、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。腹筋ローラーを選ぶ際には、グリップの握りやすさやローラーの数・大きさに着目することが重要です。自分に合ったものを選択することで、トレーニング効果を高められます。

そこで本記事では、腹筋ローラー選びで迷っている方に向けて、プロトレーナーがおすすめのアイテムを以下の2つに分けて解説します。

  • 初心者・女性向けのおすすめ腹筋ローラー
  • 上級者向けのおすすめ腹筋ローラー

「自分にぴったりの腹筋ローラーを見つけて、引き締まったお腹を手に入れたい」と考えている方は、ぜひ当コラムを参考にしてみてください

早く確実にトレーニングの成果を出したいなら、パーソナルトレーニングジムのティーバランス(T-BALANCE)がおすすめ。業界最安クラスの通いやすい価格で、理想のボディを目指しませんか?

無料体験では、食事やトレーニングのアドバイスも受けられるので、ぜひご活用ください!



 

なお、今すぐおすすめのダンベルを知りたい方は、

がおすすめです。これらのアイテムは、グリップが握りやすくなっていたり、安定性が高かったりと、安全にトレーニングを行えます。

【女性・初心者向け】おすすめの腹筋ローラー7選

女性や初心者が腹筋ローラーを選ぶ際には、ローラーが太かったり、3~4個付いていたりと、安定性が高いものが良いでしょう。さらに、アシスト機能が付いているものだと、筋力に自信がない方でも安心してトレーニングを行えます。

初心者向けのおすすめの腹筋ローラーは、主に以下の7つです。

  1. PROIRON 腹筋ローラー
  2. GronG 腹筋ローラー
  3. バランスボディ研究所 プランクローラー
  4. スタイルアップ ツイスト腹筋ローラー
  5. Wondwer Core SlideFit
  6. jesbasaro 腹筋ローラー
  7. エレコム HCF-ARWBUL

各アイテムの特徴やおすすめポイントを詳しく紹介します。

1.PROIRON 腹筋ローラー

PROIRONの腹筋ローラーは、ローラーが4つ付いています。幅が広めに取られており、安定性が高いことが特徴です。 

2.GronG 腹筋ローラー

GronGの腹筋ローラーは、アシスト機能が搭載されていることが特徴です。バネの力によって、伸ばした体を戻す際にサポートしてくれます。

また、ローラーは太めなので、ぐらつきが少ないのもおすすめポイントです。

3.バランスボディ研究所 プランクローラー

バランスボディ研究所のプランクローラーは、ハンドルの形が特徴的な腹筋ローラーです。肘を置けるようになっており、プランクの姿勢にもなれます。

4.スタイルアップ ツイスト腹筋ローラー

スタイルアップのツイスト腹筋ローラーは、幅広タイプのアイテムです。横並びに4つのローラーが付いています。

タイヤは組み替えが可能 であり、自分で負荷を調節できるのが特徴です。

5.Wondwer Core SlideFit

Wondwer CoreのSlideFitは、腹筋ローラーでは珍しい、平たい形状をしています。スマートフォンのアプリと連動しており、ゲーム感覚でトレーニングできるのが特徴です。

6.jesbasaro 腹筋ローラー

jesbasaroの腹筋ローラーは、アシスト機能が搭載されています。大きめのローラーで、安定性が高い点も初心者におすすめしたいポイントです。

7.エレコム HCF-ARWBUL

エレコムのHCF-ARWBULは、ホイールの幅が広く、バランスが取りやすい腹筋ローラーです。部屋に馴染みやすい、おしゃれなカラーリングをしています。

【上級者向け】おすすめの腹筋ローラー8選

普段から筋トレをしている方は、ローラーが1~2個のタイプがおすすめです。負荷が高くなり、トレーニング効果が高まります。

本項では、上級者向けのおすすめ腹筋ローラーを紹介します。主に、以下の8つです。

  1. SOOMLOOM 腹筋ローラー
  2. AUOPLUS 腹筋ローラー
  3. SOOMLOOM アブローラー
  4. RIORES 腹筋ローラー
  5. IROTEC フィットネスローラー
  6. La-VIE Wモンスターマンローラー
  7. plantobiz 腹筋ローラー
  8. adidas アブホイール

各腹筋ローラーの特徴やおすすめポイントを解説します。

1.SOOMLOOM 腹筋ローラー

SOOMLOOMの腹筋ローラーは、床を傷つけにくいEVA素材を採用しています。ローラーを転がした際に、音がしにくくなっていることが特徴です。

膝マットが付いているので、商品が届いてからすぐにトレーニングを行えます。

2.AUOPLUS 腹筋ローラー

AUOPLUSの腹筋ローラーは、ローラーの厚みが約2㎝です。比較的厚めに設計されており、ぐらつきを軽減します。

太めのグリップを採用しており、安定性が高いのも特徴です。 

3.SOOMLOOM アブローラー

SOOMLOOMのアブローラーは、厚みのあるダブルホイールを採用しています。 グリップの幅は32cmと、広めに設計されており、握りやすくなっているのがポイントです。

4.RIORES 腹筋ローラー

RIORESの腹筋ローラーは、握りやすいようラバーグリップになっています。トレーニング中に汗をかいたときでも、滑りにくいのが特徴です。

腹筋ローラーと併せて、膝用マットも付属されています。

5.IROTEC フィットネスローラー

IROTECのフィットネスローラーは、ブラックで統一されたシンプルなカラーをしています。全長約25.5cmと小さめのサイズなので、トレーニングをしないときの収納にも困りません

6.La-VIE Wモンスターマンローラー

La-VIEのWモンスターマンローラーは、腹筋ローラーでは珍しい2個セットになっているタイプです。使い方によっては、お腹周りだけでなく、腕や胸にもアプローチをかけられます。

スポンジ製のグリップを採用しており、握りやすくなっているのが特徴です。

7.plantobiz 腹筋ローラー

plantobizの腹筋ローラーは、グリップにはラバー加工が施してあります。そのため、汗をかいても滑りにくく、安全にトレーニングを行えます。

静音設計なので、ローラーを転がした際の音がしにくいのもおすすめポイントです。

8. adidas アブホイール

adidasのアブホイールは、前後左右斜めにもスムーズに動かせる腹筋ローラーです。 そのため、腹斜筋を鍛えたい方にもおすすめ。

グリップの表面には、スポンジ加工が施されており、握りやすくなっています。

腹筋ローラーで鍛えられる部位

腹筋ローラーで鍛えられる部位は、主に以下の通りです。

  • 腹直筋
  • 外腹斜筋
  • 内腹斜筋
  • 上腕二頭筋
  • 上腕三頭筋
  • 三角筋
  • 大胸筋

お腹周りを中心にアプローチをかけられます。そのため、腹筋ローラーはポッコリお腹で悩んでいる方におすすめのアイテムです。 さらに、腕や胸などの上半身を鍛える効果も期待できます。

腹筋ローラー選びの3つのポイント

腹筋ローラーを選ぶ際には、いくつか確認したいポイントがあります。何を基準に選択すればいいのか分からない場合は、以下の3つの項目を確認してみてください。

  1. グリップの握りやすさ
  2. ローラーの数
  3. ローラーの大きさ

それぞれのポイントについて、順番に解説します。「自分に合った腹筋ローラーを見つけたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.グリップの握りやすさ

腹筋ローラーを選ぶ際には、グリップの握りやすさに着目しましょう。トレーニング中は手に汗をかき、滑りやすくなるためです。ローラーを転がしている際にグリップから手が滑ると、ケガに繋がる可能性があります

トレーニングに慣れていない人は、太めで握りやすいものがおすすめ です。素材は滑りにくく手にフィットしやすい、ラバーやスポンジタイプを選びましょう。

2.ローラーの数

腹筋ローラー選びでは、ローラーの数をチェックしてみてください。タイヤの数によって、トレーニング中にかかる負荷がかかるためです。

目安は、以下の通りです。

  • 初心者・女性:3~4個
  • 中・上級者:1~2個 

ローラーの数が少なくなればなるほど、強い負荷がかかります。また、タイヤ同士幅が広いタイプは、安定性が高いため、初心者や女性におすすめです。

3.ローラーの大きさ

腹筋ローラーを選ぶ際には、ローラーの大きさに注目しましょう。タイヤの直径が小さくなると、地面との距離が近くなり、負荷が高まります

目安は、以下の通りです。

  • 初心者:直径20cm以上
  • 中・上級者:直径15〜20cm 

初めて腹筋ローラーを使う方は、直径20cm以上の大きめのものを選択するのをおすすめします。自身のレベルに合わせて、ローラーの大きさを選んでみてください。

腹筋ローラーを使ったおすすめトレーニング2選

腹筋ローラーを使ったトレーニングは、主に以下の2点です。

  1. 膝コロ
  2. 立ちコロ

それぞれの種目について、やり方や注意点などを解説します。

1.膝コロ

膝コロは、膝を床に着けて行うトレーニングです。初めて腹筋ローラーを使う人は、この種目から始めてみることをおすすめします。

<膝コロのやり方>

  1. 腹筋ローラーのグリップを両手で握り、床に膝を着く
  2. 腹筋ローラーを前に転がしながら、体を倒していく
  3. 限界まで伸ばしたら元の体勢に戻る
  4. 10回×3セットを目安に行う

膝コロをする際には、タオルやヨガマットを膝の下に敷きましょう。フローリングなどで直接行うと、膝を痛めてしまいます。

2.立ちコロ

立ちコロは、上級者向けの難易度の高いトレーニングです。膝を床に着けないため、お腹周りに高い負荷を与えられます。

<立ちコロのやり方>

  1. 腹筋ローラーのグリップを両手で握り、前屈の姿勢をとる
  2. 腹筋ローラーを前に転がしながら、体を倒していく
  3. 限界まで伸ばしたら元の体勢に戻る 

まずは10回×1セットを目安に行います。トレーニングに慣れてきたら、少しずつセット回数を増やしていきましょう

腹筋ローラーで引き締まったお腹を手に入れよう!

腹筋ローラーは、腹直筋や外腹斜筋、内腹斜筋など、お腹周りを中心に鍛えられるトレーニングアイテムです。さらに、上腕二頭筋や大胸筋など、上半身にもアプローチをかけられます。

腹筋ローラー選びで迷った際には、以下3つのポイントをチェックしてみてください。

  • グリップの握りやすさ
  • ローラーの数
  • ローラーの大きさ

自分のレベルや目的に合ったアイテムを購入できるように、よく吟味して選ぶことをおすすめします。

当コラムでおすすめした腹筋ローラーは、以下の通りです。

これらのアイテムは、グリップが握りやすくなっていたり、安定性が高かったりと、安全にトレーニングを行えますので、ぜひ購入を検討してみてください。

Recommended